東成警察署催涙ガス投擲事件(1951年12月1日)1951年11月10日、泥酔中の朝鮮人を警察が保護したが、容態が急変して同日夜に死亡した。朝鮮人側は警察官の暴行により死亡したとデマを流して警察署を襲撃した事件。

出典◆第三国人 : ★★★ 日本再生ニュース-保存用 ★★★

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

戦後の歴史から消される朝鮮進駐軍と在日本朝鮮人連盟が関わる事件のまとめ

なぜかwikiから突然消されていく朝鮮進駐軍や在日本朝鮮人連盟が関わる事件。記録としてまとめてみました。

このまとめを見る