出典 ringocantoko.blog.eonet.jp

めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。

1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめていた。どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、あるとき子どもを亡くしてしまい、その悲しみから翔子は心を病んでしまう。そんな翔子をカナオは温かく支え続け、2人の生活は少しずつ平穏を取り戻してゆく。

この情報が含まれているまとめはこちら

泣ける 胸キュン 切ない 絶対観てほしい本気の恋愛映画 《邦画編》

今度は愛妻家/パーマネント野ばら/ぐるりのこと。/トニー滝谷/ジョゼと虎と魚たち/ヴァイブレータ/時をかける少女/さよならCOLOR・・・2015/01/24 ヴァイブレータ追加

このまとめを見る