1. まとめトップ
  2. 雑学

【リアル人魚】世界は凄い【フリーダイビング世界記録】

フリーダイビング(素潜り)は、凄い競技だった。そして美しい競技でもある。

更新日: 2017年12月01日

62 お気に入り 261432 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

palezioさん

フリーダイビング、ただひたすら潜る競技

世界記録クラスの選手は、人間とは思えない驚異的な記録を残しています。

まずは、この動画を見て下さい。ウィリアム・トゥルブリッジ氏は、ひれなし、錘固定、ウェットスーツなしという条件で、素潜り・フリーダイビングをしています。彼は現在、二つのクラスで世界記録を保持している人物です。

場所は、ブルーホールと言われる海底洞窟です。当然いきつぎをせず、全く無駄のない美しい泳ぎでこれを突破します。一定深度まで潜ると、肺が水圧で小さくなるため、浮力が減少し、自重で沈降するようになります。逆に浮上する時は自力で水を掻かないと上昇することができません。

ウィリアム トゥルブリッジの世界記録樹立ダイビング(ヒレ無し、錘固定)

ある深さまで潜ると、そこからは手をかかなくても、自由落下していきます。これは、肺が水圧で縮み、浮力が重力より小さくなるためです。

そのため、帰りは自力で水かきをしなければなりません。フリーダイビングのクラスには錘の重さが固定のクラスと、錘の重さが可変のクラスがあります。深海に降りて、錘を置いてこれば、帰りに水かきをする必要がなくなります。

ボールウォッチという腕時計の会社のプロモーションビデオです。(ひれなし、錘固定)

『フリーダイビングは、誰もが実践できる訓練です。そこに必要となるのは、海や自然を­愛する心、生命や忍耐することへの敬意です』     ―  ギョーム・ネリー

フランス出身のフリーダイバーであるギョーム・ネリーは、14歳のときにクロー­ド・シャピュイに出会い、フリーダイビングの道へと進みました。その後、4度にわたり­世界記録を更新しました。

ギョーム・ネリーによる、世界記録更新の動画(113メートル・ヒレあり・錘固定)

フリーダイビングの世界記録の色々

フリーダイビングには複数の種目がある

スタティック・アプネア(STA)
*呼吸を止め、水面に浮き、その時間を競う。

ダイナミック・アプネア・フィン無し(DNF)
*呼吸を止め、フィンをつけること無く泳ぎ、水平に何メートル潜水できるかを競う。

ダイナミック・アプネア・フィン有り(DYN)
*呼吸を止め、フィンをつけて泳ぎ、水平に何メートル潜水できるかを競う。

コンスタント・ウェイト・フィン有り(CWT)
*呼吸を止め、フィンをつけて自身の泳力だけで垂直に何メートル潜れるかを競う。
*潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。
*またガイドロープをつたって潜降、浮上してはならない。

コンスタント・ウェイト・フィン無し(CNF)
*呼吸を止め、フィンをつけることなく自身の泳力だけで垂直に何メートル潜れるかを競う。
*潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。
*またガイドロープをつたって潜降、浮上してはならない。

フリー・イマージョン(FIM)
*呼吸を止め、フィンを装着せずにガイドロープをつたって垂直に何メートル潜れるかを競う。
*潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。

ヴァリアブル・ウェイト(VWT)
*ザボーラという乗り物に乗って潜降し、ロープを手繰って浮上する。
*潜水中、ウェイトの量を変えても良い。

ノー・リミッツ(NLT)
*ザボーラという乗り物に乗って潜降し、浮上する。
*浮上にエアリフトなどを使用しても良い。
*また浮上にガイドロープをつたっても良い。

最も過酷なクラス(ノー・リミッツ)

死に最も近いスポーツ競技、機械任せで深海へGO!

機械を使い、何をしてもよいからとにかく息継ぎ無しで深く潜る競技。自らの命はチームスタッフにかかっている。

危険と隣り合わせの競技だ

競技中にブラックアウトし、ダイバーにより救出が行われた。当初呼吸が停止していたが息を取り戻した。

人生はすばらしい。でも、あまりにも短すぎる。

出典ジャック・マイヨール

短い、しかも一度しかない人生を人類のために
いかに有意義に生きるか、いかに悔いなく生きるかだ。

出典ジャック・マイヨール

【リアル人魚】世界は凄い【フリーダイビング世界記録】 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213621474…  すげーやってみたい。リスク高くて無理だけど。

ドリフトダイブは怖そう。万が一、ダイビング上級者になってもやりたくない。私はペーパーダイバーだからする事なんかないだろうけど。

1