1980(昭和55)年に始まったイランとイラクの戦争は、5年経ってますます激しさを加えていた。1985(昭和60)年にはイラク空軍機はテヘランの民間居住域を空爆するまでになっていた。

さらにイラクのフセイン大統領は、イラン領空を「戦争空域」と宣言し、民間航空機もすべて撃ち落とすという、歴史的にも類を見ない声明を出した。

http://japan-on-the-globe.at.webry.info/

この情報が含まれているまとめはこちら

日本人を救出するために戦火の中フライトしたトルコ航空

1985年、イラン・イラク戦争時にトルコ航空機が日本人を救出するために戦火の中フライトをしました。また、この出来事には、その約100年前に日本で起きた「エルトゥールル号遭難事件」というトルコでは教科書に載るほど有名な話が関わっていました。

このまとめを見る