1. まとめトップ

今にも動き出しそうな石に描かれた動物アート

イタリアのロックペイントアーティスト、Ernestina Gallinaさんの作品は、石に生命を吹き込んでいると言っても過言じゃ無いほど生命観に満ちあふれています。そんなGallinaさんの作品や生み出された経緯、作品リンクなどを紹介しています。

更新日: 2013年03月02日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 4357 view
お気に入り追加

出典rusava.me

こんにちは、私はエルネスティナ、イタリア出身のロックペイントアーティストです。私は1998年以来、石の上にアクリルでペイントしています。私の絵は岩の自然の形状からインスピレーションを得て、自分の創造的な想像力を組み合わせた産物です。私はリアリズムをキャプチャし、自然の美しさを表現するために努力しています。私のウェブサイトの "生きている岩"では、私がこれまで描いてきた無数の岩の一部を見ることができます。

引用元:http://www.etsy.com/people/Livingrocks

イタリア出身のロックペイントアーティストErnestina Gallinaさん

ロックペインティングという分野はあまり馴染みが無いかも知れませんが、かなり昔から存在します。

ガリーナは自然の美しさを表現するために、リアリズムの頂点を達成するため努力している

彼女は自然が生み出す石の曲線をうまく利用して動物のペイントを行っています。

彼女の作品は多くの人々から、「命が宿っているようだ」「今にも息遣いが聞こえてきそうなほどリアル」と絶賛されています

それでは彼女の作品の一部をご覧下さい

なぜガリーナさんはロックペイントの世界に入ったのか?

彼女は絵画、デッサン、モデリングなどを愛していたが、家庭の事情で本格的にそれらを学ぶことは出来なかった

美術学校にも通えなかった彼女は趣味としてその芸術的才能を使い続けていた。

その後1987年に一家がアフリカ、ケニヤのナイロビに引っ越したことが彼女の転機となる

そこで彼女は大自然と動物という未知の世界に出会い、彼女のインスピレーションは大いに刺激されることになった

10年間にわたりるアフリカでの生活は、彼女が英語を学び、自然や動物を発見することに大いに役立ちました。

その経験や、その後図書館で偶然出会った『ロックペインティング』の本が、Gallinaさんの現在のスタイルを形成した

その後3年間、彼女はスキルを磨き続け、2003年にはイタリア初の岩絵クラブを設立するまでに至った

芸術としての岩絵は長い間忘れ去られた物になっていたが、彼女の”生きる石”の作品でまた脚光を浴びることとなった。

あなたも岩絵に挑戦してみませんか?

ガリーナさんは自身のウェブサイトでフリーのチュートリアルを提供しています

もっとガリーナさんの他の作品を見たい方へ…関連リンク

1





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう