1. まとめトップ

何故、散歩は健康にいいのか?ウォーキング(散歩)の健康効果まとめ。

散歩に行くと、何故か頭がすっきりするので、散歩やウォーキングの効果を調べました。

更新日: 2013年03月03日

atlusさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
42 お気に入り 53905 view
お気に入り追加

散歩(ウォーキング)の健康効果

心肺機能が向上し、血液の循環がよくなる

毎朝の習慣づけが大事!

血糖値を下げる効果。糖尿病の予防・改善

歩くことでインスリンの働きが高まり、ブドウ糖が消費されやすくなるので、血糖値が低下するといわれます

末端の細胞に、栄養を送り届ける

散歩(ウォーキング)は呼吸が深くなるので、末端の細胞にも十分に栄養を送り届けます。

疲れが取れやすくなる

座って仕事をしている人の肉体疲労はうっ血によるもの。
だから、ウォーキング程度の軽い運動をすると、血流がよくなりかえって疲れがとれます。
そして、末梢血管の血流がよくなり、良く眠れます。

心臓の循環機能が高まる

足を使う事で、血液のポンプ機能が高まる

骨のカルシウム量が増える

骨への刺激が、骨を強くする!

免疫力が高くなる

リンパの流れが良くなり、免疫力が上がります。

善玉コレステロールが増える

ウォーキングでもっとも特徴的なのは、「善玉(HDL)コレステロールが増加することです」

筋肉の質が良くなる

筋肉の質がよくなるとは酸素が活性化し、血液の中のブドウ糖を筋肉の中へ十分取り込めるようになる

高血糖の状態改善

インスリンの感受性が改善され、それまで過剰に分泌されていたインスリンは正常へと回復していきます

高血圧に効果あり

高血圧の人がウォーキングを行うと、「内臓脂肪が減少して高インスリン血症が改善される」ことによって、これらが関与して発症した「高血圧は改善」されます。

散歩(ウォーキング)の精神安定効果

自律神経のバランスを整える

散歩(ウォーキング)は、呼吸がゆっくりと深くなるので副交感神経が刺激されて、体の血流が良くなる。
すると、筋肉が弛緩し、リラックスできる。

脳全体に大量の血液が送られて神経細胞が活発に動く

足を動かすことがぼけ防止につながるといわれている。

精神機能を活発にする

歩行が大脳皮質の広範な領域で血流量を増加させることがわかった。

散歩(ウォーキング)の脳への効果

脳に新鮮な酸素を取り入れる事ができる

哲学者や科学者は散歩をしている時に、良いアイデアを閃く事がおおかったそうだ!

1 2





皆が幸せになれるような、まとめを作っていきたいです。