戦国時代に武田信玄が中国の霊占をヒントに考え出したといわれる。
円形の盤の上に針の突いているもので、いわゆるルーレットのような形である。
盤面には99の「勝利」と1つの「敗北」が刻まれており、勝利以外に針が止まることはまずあり得ない。戦の命運を占うために使われたが、その実際はは景気づけのための形式的な儀式であった。

参考文献民明書房刊『戦国武将考察』

出典民明書房刊の復習でもしようか : ジャンプ速報

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

民明書房刊の記事大全 まとめ【知っているのか雷電!?】

こんだけあるんだから一つぐらい真実があってもいいのに、すべてが創作だと知った時の衝撃といったら・・・宮下あきらは凄い・・・

このまとめを見る