その由来は中国大陸を駆けめぐり、勇猛果敢なことで名をはせた蒙古ジンギス汗の一族が仲間に戦死したものが出るとおのれの腕にその名を刻み、永遠の復讐を誓い必ずカタキをとったという故事にちなむ。近代日本でも極道社会に於いては殺された親分の名を腕に刻み、復讐を誓う風習が残っているという。

民明書房刊『日本風俗奇譚』より

出典民明書房刊の復習でもしようか : ジャンプ速報

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

民明書房刊の記事大全 まとめ【知っているのか雷電!?】

こんだけあるんだから一つぐらい真実があってもいいのに、すべてが創作だと知った時の衝撃といったら・・・宮下あきらは凄い・・・

このまとめを見る