1. まとめトップ

≪メタンハイドレート≫何故、コストの安い日本海で採取しないか?

太平洋沖のメタンハイドレートを採取したことが話題になっていますが、日本海にあるメタンハイドレートは非常に採取しやすいので日本が資源大国になるため早くエネルギーとして実現して欲しいです。

更新日: 2013年03月18日

6 お気に入り 48790 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moruhineさん

日本は、メタンハイドレート層から世界で初めてメタンガスの生産に成功しています。

アメリカがシェールガスで世界最大の天然ガス生産国になったように、日本もメタンハイドレートを資源として使えるようになりたいです。

コストのかかる太平洋側ばかり話題にするメディアや政府。
既得権益となっている旧来の石油や天然ガス、そのため日本海側の調査・開発は遅れている。

メタンハイドレートとは?

メタンハイドレートは、地中で死んだ動物や植物から出たメタンと水からできており、一見すると氷のようでさわると冷たい。

大量のメタンをふくんでいるため、勢いよく燃えて、最後は水しか残らない。

メタンハイドレートは「燃える氷」と言われることもある。

エネルギーの救世主?!

天然ガスの使用量は年々増えているが、ほとんどが海外から輸入されている。
だが、日本周辺の海底は年間の天然ガス使用量の100年分以上に相当するメタンハイドレートが分布していると言れている。

問題点!!

問題は採集が難しいこと。石油のように流動しないし、天然ガスのような気体でなく、
しかも地底・海底深いところにあるから簡単に掘って運び出すこともできない。

太平洋側では主に水深数百~1000メートルの地層内にあり、実用化には高いコストを抑える必要がある。

採取可能に?!

これまでに太平洋側で確認された海底の地下深くにあるものと比べ、海底の地下数メートルの浅い部分に埋まっていて掘り出しやすい!

他の国も狙っている?!

一方、北方領土や竹島、尖閣諸島周辺でもメタンハイドレートが埋蔵されているとみられ、領土問題はロシアや韓国、中国との利権争いが背景にひそんでいる。

事実、韓国では2013年を目標に、竹島の南方海域で米国ゼネコンの海洋土木技術による採掘実用化を行うと発表している。

日本海側の採取を進めるべき!!

日本海沿岸では、海底表面に露出したメタンハイドレート鉱床が発見されており、ポンプでメタンハイドレート結晶を吸い上げるなど、低コストで採掘できる可能性がある。

2004年7月、日本海側の新潟、佐渡の南西沖では、範囲は小さいながらも、海底の深くではなく海底の上までメタンハイドレートが上がってきているような濃集してる特別な海域が発見されており、メタンプルーム直下の海底付近にピストンを打つピストン打法と呼ばれる調査方法で、容易に効率よくメタンハイドレートの結晶を採取できることが、独立総合研究所などの試掘で実証されている

何故、日本海側での採取がすすまないのか?

日本近海で初期に日本政府(メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム)によるメタンハイドレート採取の研究が行われたのは南海トラフであった。この海域では、海底油田の採掘方法を応用して1999年から2000年にかけて試掘が行われ、詳細な分布状況が判明しているが、総額500億円を費やしたが商業化には至っていない。

一方、巨額の予算がつく政府主導の南海トラフに対して、低コストで採掘できそうな日本海側の研究には年間250万の予算しか付いてない。

調査のための予算が下りないことについては、石油利権に絡む東大教授や国会議員や企業などが採掘に対し反対の姿勢をとっていることが原因ではないかとの主張もある。

資源大国の道

長らくメタンハイドレートの調査・研究に取り組んできた独立総合研究所の青山繁晴代表はこう言う。

「日本海側のメタンハイドレートは表層型といい、海底に塊となって露出している。太平洋側は取ったら終わりだが、表層型は海底からメタンハイドレートの柱が立っていて、 粒々が毎日、作り出され、溶け出している。いわば地球の活動が続く限り、生成され、100年分どころか埋蔵資源の常識を覆す量になる」(青山氏)

1 2





このまとめへのコメント1

  • いけやすさん|2013.07.27

    日本海側は埋蔵しているところが浅いため、岩盤が不安定で、採掘方法の目処が立っていないはずです。それに比べ、太平洋側は早くから採掘方法の目処が立っていたため、優先されていたに過ぎません。

1