1. まとめトップ

【遠隔操作事件】警察側は志布志事件と高知白バイ事件の責任者!弁護側は足利事件の弁護士【冤罪!?】

誤認逮捕が相次いだパソコン遠隔操作事件の警察担当が志布志事件と高知白バイ事件の責任者だと話題に。また弁護側も冤罪だった足利事件を担当した佐藤博史氏だと話題に。

更新日: 2013年03月04日

7 お気に入り 19399 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gangamatajiさん

結局、決定的証拠が出てきていない片山容疑者・PC遠隔操作事件

片山容疑者の再逮捕。東京地検が最初の逮捕容疑での起訴をしないで処分保留で釈放した点に注意したい。最初の逮捕容疑では起訴できなかったということ。「慎重に」云々なんて単なる言い訳。無理な逮捕だったことを東京地検も認めざるを得なかったということだ。

この逮捕でイメージ回復を図る気だったんだろうけど、仮に真犯人で間違いなかったとしても、こういう劣悪な手口を用いるような根本が変わらない限り無理だな。 <警察が片山容疑者の母に親子の縁切り署名を迫る> 9oo.jp/ipvV1

この事件の警察の担当者があの事件の人たちと話題に・・・

■志布志事件の鹿児島県警本部長 久我英一 
  → 神奈川県警本部長

■高知白バイ事件の高知県警本部長 鈴木基久 
  → 警察庁サイバー犯罪担当審議官

弁護士側もすごい

ーー佐藤先生がなぜ弁護人に?
報道で彼の逮捕を知った時には、他の方と同じように、警察がこれだけの発表をしたのだし、まず間違いないのだろう、ただ本人は否認しているんだな、と思っただけでした。彼が当番弁護士を要請し、その時にたまたま当たったのが、以前、うちの事務所にいた竹田真弁護士。その竹田弁護士から頼まれたんです。
私はすでにいくつも刑事事件を抱えていて忙しかったのですが、竹田弁護士が「接見は私が毎日行きます。要所要所で出てきて下さるだけでいいですから」と言うので、「分かった」と。この時には、これほど頻繁に自分自身が接見に行くことになるだろうとは思ってもいませんでした。

たまたま引き受けることになったのが佐藤弁護士だった。

佐藤氏によると、警察は片山氏の自宅の鍵をあずかり、家に自由に出入りできる状態にあるという。また、片山氏の母親から聞いた話として、自宅前にメディアが押しかけ自由に動けない氏の母親のために、警察は日用品の買い出しなどの手助けをする一方で、母親に対して片山氏と親子の縁を切ると書かれた調書への署名を求めてきたという。佐藤氏によると母親はこの要求を断ったという。
 4人が誤認逮捕され、うち2人に嘘の自白が強要された遠隔操作ウィルス事件では、警察が容疑者の一人の父親に対して、親子の縁を切るとの調書に署名させるなどして、容疑者を嘘の自白に追い込んだことが批判されている。
 また佐藤弁護士は、ウィルスのデータが保存されたメディアが埋め込まれた首輪を片山氏が猫に着けたことが疑われている点について、片山氏が江ノ島を去った1月3日の午後3:30以降にその猫が首輪をつけていない写真が見つかれば、片山氏無実の決定的な証明になるとして、写真の提供を呼びかけた。1月3日の午後に片山氏が猫と接触した江ノ島の山頂付近では、大道芸が行われており、多くの観衆が写真撮影をしていたという。

Twitterの反応

リアルほこたて案件じゃないか。 RT @REVI: “片山ゆうすけ君完全終了 志布志事件と高知白バイ事件の責任者が担当に” engawa.2ch.net/test/read.cgi/…

遠隔操作事件がいつの間にかすさまじい事になってる。sankei.jp.msn.com/region/news/12… 警察側は志布志事件の久我英一本部長、高知白バイ事件の鈴木基久、弁護士に足利事件の佐藤博史。 色々な意味でヤバイ。

片山祐輔熱いなw足利事件の弁護士VS高知白バイ事件の警察官、冤罪界の頂上決戦やんww

志布志事件(冤罪確定)+高知白バイ事件(冤罪濃厚にもかかわらず放置) vs 足利事件(冤罪確定) なんという戦い

志布志事件担当者・高知白バイ事件担当者連合対足利事件担当弁護士なのか。遠隔操作事件すごい展開になってるんだな。なんとか警察のやりたい放題を食い止めてほしいけど

遠隔操作で出てきた警察幹部って、なぜか冤罪疑惑のある事件&冤罪事件に関係してた人が多い。神奈川県警本部長の久我は志布志事件のときの鹿児島県警本部長。警察庁サイバー犯罪担当審議官の鈴木は高知白バイ事件のときの高知県警本部長。さらに前警察庁長官はnyの開発者逮捕事件を指揮した片桐裕。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1