出勤中だった誘導馬担当員の女性職員(30)が見かけ、乗っていたミニバイクで追跡。自転車で追いかけてきた男性厩務員(30)とともに、約10分後に確保した。さらに、偶然通りかかった尼崎東署のパトカーが警戒しながら競馬場に戻した。

出典神戸新聞NEXT|阪神ナウ|園田競馬場で馬逃走 偶然重なり被害回避

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

競馬場から首都高爆走も…サラブレッドの脱走・逃走事件簿

2013年2月、笠松競馬で競走馬が競馬場から脱走し、軽自動車と正面衝突する事故が発生。競走馬逃走といえば、大井競馬のスーパーオトメ事件が有名ですが、過去の事件簿をまとめました。

このまとめを見る