2歳牝馬「コスモビジョン」(体重約430キロ)が場内のコースで調教されていた際、突然暴れだし逃走。競馬場には脱走防止用の柵を設けていたが開放したままで、柵の脇に常駐するはずの警備員も待機室にいたため柵の閉鎖が間に合わなかった。

出典笠松競馬場から競走馬逃走 軽乗用車と衝突し運転手ともに死亡:社会:スポーツ報知

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

競馬場から首都高爆走も…サラブレッドの脱走・逃走事件簿

2013年2月、笠松競馬で競走馬が競馬場から脱走し、軽自動車と正面衝突する事故が発生。競走馬逃走といえば、大井競馬のスーパーオトメ事件が有名ですが、過去の事件簿をまとめました。

このまとめを見る