レース終了後、ウイナーズサークルにいったん誘導されたが、開いていた出口から外へ逃走。さらに業務用門を抜けて、県道中津浜線を宝塚方面に走り出した。たまたま車で競馬場へ向かっていた松元省一調教師と稲葉的海調教助手が馬を発見。馬が店舗の駐車場へ入ったところで捕まえて、救急車で追走してきたJRA職員に引き渡された。交通事故などは起こさなかったというから、まずは一件落着というところだ。

出典競馬徒然草

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

競馬場から首都高爆走も…サラブレッドの脱走・逃走事件簿

2013年2月、笠松競馬で競走馬が競馬場から脱走し、軽自動車と正面衝突する事故が発生。競走馬逃走といえば、大井競馬のスーパーオトメ事件が有名ですが、過去の事件簿をまとめました。

このまとめを見る