緊急時には傷口に絆創膏を貼るような仕事が必要。その中でつなプロは、一見見えないニーズを発掘して応えようと、マイノリティのニーズに応えようと発足し、活動していただいた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あらためて加藤哲夫さんを学ぶ 加藤哲夫さんから学ぶ

せんだい・みやぎNPOセンターの代表理事を長年務めてきた故・加藤哲夫さんの功績や考えをインターネット上の情報から知識として学ぶ。そして、加藤哲夫さんが取り組んできた活動、アクション、ムーブメントから、今僕らが取り組まなければいけない課題と、その解決のための運動について学び、これからの活動に活かす。

このまとめを見る