出典 suishodo.net

カルト的な人気を誇る「ブレードランナー」のリドリー・スコット監督。
彼がつくると、大阪の街もサイバーパンク化した。
日本の俳優陣も見物。

この情報が含まれているまとめはこちら

映画「ブラック・レイン」に見るサイバーパンクな大阪・ロケ地案内

「ブラック・レイン」は、1989年リドリー・スコット監督の映画。ニューヨークの刑事(マイケル・ダグラス)と大阪の刑事(高倉健)が、大阪を舞台にヤクザを追う。松田優作の遺作となった。

このまとめを見る