1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

u10422さん

2018-19シーズンの決勝トーナメント全試合[決勝戦を含む]で使用

2018-19シーズンのグループリーグで使用
FINALEという名称ではない?

FINALE CARDIFF
2017-18シーズンの決勝トーナメント全試合[決勝戦を含む]で使用

2017-18シーズンのグループリーグ全試合で使用

2016-17シーズンの決勝トーナメント全試合[決勝戦を含む]で使用

2016-17シーズンのグループリーグ全試合で使用

2016年5月28日にミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われる決勝戦で使用される。

2015-16シーズンのグループリーグ全試合で使用

2015 UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦の開催地であるドイツ・ベルリンにインスパイアされたデザインを採用。市の紋章である熊をモチーフにするとともに、ユネスコの創造都市ネットワークとして「デザインシティ」の称号を得ているベルリンらしく、美術や音楽など芸術の多様性を表現しています。製法には滑らかなシームレス表皮構造を実現するサーマルボンディング(熱接合)技術を採用。厳しい 7項目のテストを通過し、試合中を通じてボールの形状とサイズが同じ状態を保つことを保証した「FIFA Approved」の認定を得ています。

2014-15シーズンのグループリーグ全試合で使用

2014年5月24日(土)*にリスボンのエスタジオ・ド・SLベンフィカで開催される、UEFAチャンピオンズリーグ2014決勝の公式試合球『フィナーレ リスボン』
本ボールは、大会公式球の象徴であるスターパネルのデザインに港町リスボンの大航海時代からコンパスのデザインを組み込み、またカラーリングは視認性の高い白を基調に、リスボンの街並みからインスピレーションを得たソーラーブルー・ソーラーゼストの明るいカラーが使用。
また、キックのインパクトの際に適したグリップを提供できるように設計された表皮構造が特徴に。

2013-14シーズンのグループリーグ全試合で使用

出典adidas.jp

2012-13シーズンの決勝トーナメント全試合[決勝戦を含む]で使用

2011-12シーズンのグループリーグ全試合で使用

2011-12シーズンの決勝トーナメント全試合[決勝戦を含む]で使用

2011-12シーズンのグループリーグ全試合で使用[2010-11シーズンの優勝チームのホームゲーム[FCバルセロナ]は別バージョンのボールを使用]

2010-11シーズンの決勝戦、およびそのシーズンの優勝チーム[FCバルセロナ]の2011-12シーズンのホームゲームで使用

2009-10シーズンの決勝戦、およびそのシーズンの優勝チーム[インテル・ミラノ]の2010-11シーズンのホームゲームで使用

2010-11シーズンの全試合で使用[2009-10シーズンの優勝チーム[インテル・ミラノ]のホームゲーム、および決勝戦は別バージョンのボールを使用]

2008-09シーズンの決勝戦、およびそのシーズンの優勝チーム[FCバルセロナ]の2009-10シーズンのホームゲームで使用

2009-10シーズンの全試合で使用[2008-09シーズンの優勝チーム[FCバルセロナ]のホームゲーム、および決勝戦は別バージョンのボールを使用]

2007-08シーズンの決勝戦、およびそのシーズンの優勝チーム[マンチェスターユナイテッド]の2008-09シーズンのホームゲームで使用

2008-09シーズンの全試合で使用[2007-08シーズンの優勝チーム[マンチェスターユナイテッド]のホームゲーム、および決勝戦は別バージョンのボールを使用]

2006-07シーズンの決勝戦、およびそのシーズンの優勝チーム[ACミラン]の2007-08シーズンのホームゲームで使用

2007-08シーズンの全試合で使用[2006-07シーズンの優勝チーム[ACミラン]のホームゲーム、および決勝戦は別バージョンのボールを使用]

2005-06シーズンの決勝戦、およびそのシーズンの優勝チーム[FCバルセロナ]の2006-07シーズンのホームゲームで使用

2006-07シーズンの全試合で使用[2005-06シーズンの優勝チーム[FCバルセロナ]のホームゲーム、および決勝戦は別バージョンのボールを使用]

1 2