1. まとめトップ

保温調理器シャトルシェフのある生活

焦げつき、煮くずれを気にしながら火の番をする必要なし、加熱後、保温器に入れて放置するだけ。長時間の煮込みも保温器に入れて放置するだけなので、外出しても火事の心配なし。時間を効率的に使えて、光熱費を抑えて、手間ひまかけて作ったと思われる料理を作れる保温調理器シャトルシェフのある生活をまとめました。

更新日: 2015年10月28日

u1mさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
154 お気に入り 327296 view
お気に入り追加

余熱でじっくり煮込むことができるので、食材を煮くずれさせずに、素材本来の風味や旨みを活かしながら味をしみこませます。

さっと煮込んであとはシャトルシェフにおまかせ。

保温調理のメリット

1.ガス代・電気代がお得、しかもエコ
2.素材のおいしさを活かしてヘルシー料理ができる
3.家事や育児に余裕ができる
4.加熱する時間が短いから、安心・安全
5.煮くずれ・焦げつき・ふきこぼれなし

レシピ

作ってみた

商品ラインナップ

【品番】KBF-3000
【色】アプリコット(APR)/ オフホワイト(OWH)
【調理鍋容量】2.8L
【調理鍋最大内径】約20cm
【本体寸法】約幅30×奥行24×高さ17.5cm
【本体重量】約2.3kg
【調理鍋】底面3層構造
コンパクトになった保温容器でさらに収納しやすくなりました。200VのIHに対応しています。

【品番】KBE-3000
【色】キャロット(CA)/ レタス(LET)
【調理鍋容量】3.0L
【調理鍋最大内径】約20cm
【本体寸法】約幅30×奥行25×高さ15cm
【本体重量】約2.6kg
【調理鍋】底面3層構造
明るいカラーデザインに、コンパクトになった保温容器でさらに収納しやすくなりました。200VのIHに対応しています。

出典shaddy.jp

【品番】KBC-3000
【色】ピュアホワイト(PWH)
   ステンレスブラック(SBK)
【調理鍋容量】3.0L
【調理鍋最大内径】約20cm
【本体寸法】約幅31×奥行26.5×高さ19.5cm
【本体重量】約3.0kg
【調理鍋】底面3層構造
インテリアを選ばないシンプルなデザインのモデル。3.0Lと4.5Lのサイズをそろえました。200VのIHにも対応していて、結婚のお祝いなどにも喜ばれています。

【品番】KPX-2501
【色】オレンジ(OR)
   クリアブラウン(CBW)
【調理鍋容量】2.6L
【調理鍋最大内径】約20cm
【本体寸法】約幅29.5×奥行28×高さ19.5cm
【本体重量】約3.4kg
【調理鍋】底面3層構造
200VのIHに対応し、再加熱のタイミングがわかりやすい再加熱おしらせ表示がついた毎日の料理に最適のモデル。

twitter

シャトルシェフを使って外でカレーライス作るの結構おいしくできる上に簡単だからおすすめだよ

まだ圧力鍋で煮崩れしてるの?シャトルシェフなら形そのままで野菜ホックホクだよ - pskのblog psk.blog.jp/archives/10333… pic.twitter.com/UbjiLPGdHK

缶詰のスープにてきとーに野菜をぶっ込んで、 沸騰したらシャトルシェフにセット。 野菜たっぷりトマトバジルビスク。 今夜はこれな。 pic.twitter.com/Ajw5EL8w49

晩ごはんはシャトルシェフに仕込んだロールキャベツ。美味しい instagram.com/p/sMnCTAIPOw/

今日買ってきたシャトルシェフ。一時間たっても熱々でしたよ。ゆでもの系はもう全部これがいいわ

シャトルシェフはチャーシュー(煮豚)を作るには最高のキッチンツールだな! 自分の食生活的に煮豚以外の用途に使う事はあまりなさそうだけど・・・ twitpic.com/e2a8bo

1 2





u1mさん

このまとめに参加する