1. まとめトップ

ホームステイのメリットとデメリット

留学するにあたって多くの人が経験するホームステイ。どんなメリットがあるのでしょうか。

身一つで、到着したその日から生活できる

アパートなどの契約は英語必須な上にややこしい手続きがありますが、ホームステイはもう全て揃っているということが良いメリットですね。

英語力が伸びる

ネイティブと一緒に過ごすことで英語を話す機会がぐん、と上がります。何か頼み事をする時、お手伝いをする時などちょっとした出来事が生きた英語を学べる機会になるのです。また実際に英語圏の文化を知る事によって、英語の言い回しやスラングなどを学ぶことができます。

いざという時助けになる

ハプニングがあった時などは本当に頼れる存在ですね。

カナディアンの生活を知る事ことができる。

実際にカナディアンのお家に住むことで日本では味わえない生活や文化を知る事ができます。ハロウィンやクリスマスなど、カナダのお家では家族とどう過ごすのかを体験する良い機会ですね。

良いことづくしのように思えるホームステイ。どんなデメリットがあるのでしょうか。

束縛が多い

共同生活になるので、そのお家のルールに合わす必要があります。シャワーの時間や門限が決まっている、など少し不便に思う人も多いようです。

ご飯が合わない

日本と比べるとカナダのご飯はシンプル。朝はシリアル、昼はサンドイッチ、夜はハンバーガーとポテトといった決まりきったものが多いです。

学校から遠いことが多い

ダウンタウンではなく安全な郊外に家があるのでバスや電車を乗り継いで学校にいく形になることが多いようです。
しかしカナダの人たちはフレンドリー。
バスの運転手とも気軽に会話ができるので毎朝の楽しみにしてもいいですね。

カナダにおける心構え

過剰な期待はしない

カナダは多民族国家。色んな人種の人が集まっているのでホストファミリーは必ずしも白人とは限りません。また母子家庭が多いので、2人での生活になることも。

思ったことははっきり伝える

カナディアンははっきりと自分の意志や思いを言わなければ現状に満足していると捉えます。
日本のように察する文化はないので、積極的に自分の気持ちは伝えましょう。

細かいことは気にしない

カナディアンはアバウトでゆったりとした生活を送っている人が多いです。すぐ頼んでいたことを忘れてしまったり、人によって言っていることが違ったりすることも多いです。

ビジネスライク

バンクーバー・トロントなどの都市部ではビジネスライクの家庭は多いようです。
家賃の支払いには結構シビア。
ランプの付け忘れや、水の出しっぱなしなども注意されることが多いので気をつけましょう。

カナダで生活するにあたっての豆知識

事前に知っておけば得をするかも...

バスの遅延が多いカナダ。
冬はこの遅延のせいで何分も寒い外の中で待たないといけないこともしばしば。
しかしこのアプリケーションをダウンロードしておけば一発で解決。
GPS機能が付いており、遅延をしてもその時間が明確に表記されるのです。
よく使うバス停を登録しておけば、あと何分で到着するかが分かるので寒い日はぎりぎりまで家で待機できますよ。

めんどくさいのか傘をさす人は少ないです。
傘を持ってきたが使わなかった、という留学生の声も。

1週間に1回の家庭が多いです。
最低でも1週間分の服と下着は持っていくべきです。

日本だったら各駅にトイレがありますよね。
しかしカナダは駅にトイレが付いているのは少なく不便に思うことも。

ホームステイの費用

3食付き・2食付き(お昼なし)・食事なし、などの条件を変えることで値段が変わってきます。自分に合った費用や条件を選ぶようにしましょう。

お小遣いに関しては個人差はありますが
大体$300/1ヶ月です。

ホームステイ、どうやって探す?

学校側が査定して選んだホストファミリーがいるので、安心して任せることができます。
英語での手続きにはなりますが、良い勉強になるはずです。
きちんと自分の希望は伝えましょう。

自分でホストファミリーを探すことができます。カナダにすでに住んでいる人は自分の足で見学に行くことをオススメします。

一番のオススメです。日本人が厳しく査定したホストファミリーなので、安心して任せられます。日本人スタッフなので、自分の希望も伝えやすいのがメリットの一つですね。

1 2





alexbarさん

ライフハック系の情報を発信しています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう