しばらく剣戟を続けるも、パシフィスタによる挟撃策が始まるとビスタに勝負を預けるよう提案し、ビスタも互いの利点のためにこれを受け入れ決着はお預けとなる。その後、ルフィが「覇王色の覇気」を無意識に発動したことで再度追撃し、ルフィを庇ったMr.1を一太刀で切り伏せるが、今度はクロコダイルに阻まれる。そして戦場にシャンクスが現れると、協定の範囲外を理由にマリンフォードを去った。

出典王下七武海 - Wikipedia

前へ 次へ