1. まとめトップ

怒るのではなく「叱る」育児

普段怒ってばかりいませんか?子供に必要なのは叱ることなんです。

更新日: 2013年03月06日

31 お気に入り 2863 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

osaredorobouさん

「叱る」ことと「怒る」ことを同じように捉えている人も多いと思いますが、両者は別物です。

親の思うようにならないとか、イライラするなどで、親が感情的になって怒るのではなく、子どもの自立を促すサポート役として、子どものしつけのために叱るのだということを意識しましょう。

自分のために怒る。相手のために叱る。

「怒る」とは、相手が自分に悪い影響を与えたり、自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、自分が腹をたてたことを相手にぶつける動作なわけです。
「叱る」とは、相手が自分を含めて誰かに悪い影響を与えたり、自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、相手をより良くしようとする注意やアドバイスを、あえて声を荒げたり語気を強めたりして相手に伝える動作です。

叱りは、良くない点を指摘して導くことvs怒りは、不満の感情をぶつけること

叱るとき思い出してほしい5つのポイント

他者からの子どもへの注意を、親である自分への評価としない

1