1. まとめトップ
  2. 雑学

炎上、叩き、晒し...閉鎖に追い込まれ続ける一般人のブログ

生活や趣味について書かれた一般人のブログが、2ちゃんねるなどの掲示板で晒されさらには個人情報まで流出する、という話が何年も前から後を絶ちません。

更新日: 2013年03月09日

17 お気に入り 78359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nekofunkさん

止むことのない一般人ブログに対する追い込み

大手掲示板等で横行する一般人ブログに対する「叩き」や、「晒し」(悪意的にURL等をアップされること)。常識的でない内容を記載したなどブログ主に責任がある場合もありますが、ただ日常生活を書いただけなど、見方によっては問題がなさそうな内容にまで被害が及んでいます。

自分の大学の掲示板(2ch)にブログが晒された ブログに載ってる学歴などあげられて炎上しました

わたしのブログが晒されてしまいます。一度発覚して、閉鎖して新しいブログを立ち上げたのにまた晒されているという始末です。

執拗に付きまとわれる、というパターンも多いです。

ブログの内容自体は前向きなものでしたが、ブログの閲覧者たちから 「自分たちの幸せな境遇を誇示している」と受け止められ、「叩き」の対象となったのです。

ある大手企業の内定者のブログで起きた一件。

一体何をされるのか?

ブログの内容についていちいち罵倒したり、あることないこと並び立てては貶したり、とにかく酷いものでした。

ブスやらデブスやらいろいろ中傷されていました・・・コメント欄で絡んでる人のブログまで晒して叩いたりしています。

内容だけでなく、容姿やその家族、友達にまで批判が及ぶことも...

旅行記やお買い物の事を書くと「自慢はもういいから」など中傷や妬みの書き込みがあります。私は某掲示板にブログを晒され散々な目に遭いました・・・。

ある海外生活ブログ主の話。この他にも様々な分野のブログが同じ様な被害にあっています。

私怨?嫉妬? 叩かれ、晒される理由

同人サイトでしたら同業者や観覧者の私怨晒しが多いですね。

ライバルからの嫌がらせ。

糞ブログもあるが ほとんどの晒し理由が嫉妬じゃねえか。

ブログ主にとっては日常の生活を書いているつもりでも、「お金持ちそう」「友達が多そう」などの理由で妬まれる可能性があります。

人は苦しい生活を送っている人を叩かない。自分よりも楽しく、幸せそうな人生を送っている人を叩くのである。

色々な人がネットを見ている、ということを忘れてはいけません。

何かを叩いてるときは、相対的にその対象よりも偉くなったような
気がするもんな。現実逃避の一環。

本当に怖いのは個人情報の「晒し」

個人はブログで実名を晒したらダメです。

実名を連想させるニックネームでも危険。住んでいる地域や家族・友人の名前などから簡単に特定されてしまいます。

お子さんの写真もUPされているので、実生活で犯罪などに巻き込まれないか…

誘拐などの事件につながる可能性があります。

友人知人に、自分や子供の写真を勝手にブログに載せられて困ったと言う話は時々見聞きする。

他人の写真を許可なしにアップしない、というのはブロガーの基本的なルールですが、守られていないことがよくあります。

個人情報の流出はある程度仕方ない?

ネットに情報を載せるということは、特定されれば晒されることもありうるというのは当然のことです。

ネット上でブログやってたら出される覚悟でやってると思うんです;もちろん嫌という方もいますが、やはりネット上に居る限りこの程度のことは我慢しなければいけないんでは?と思います。

ネットに公開する事を甘く見るな。 おまえが決めたルールを守る義理はない。 最悪の相手を想定して運営すればいい。

PCに詳しい人の手にかかればある程度は特定されてしまいます。

晒されてしまった時の対策

1 2