1. まとめトップ

今そこにある危機管理 エージェンシー・スラック

L0 リテラシー・コミュニティーズ

更新日: 2019年07月31日

3 お気に入り 9833 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

twcritiqueさん

エージェンシー・スラック(agency slack)とは、エージェントが、プリンシパルの利益のために委任されているにもかかわらず、プリンシパルの利益に反してエージェント自身の利益を優先した行動をとってしまうこと。

エージェンシー問題(-もんだい、agency problem)[3]とは、プリンシパル=エージェント関係においてエージェンシー・スラックが生じてしまう問題のこと。

母親が子供に買い物を頼む例で説明しよう。この場合、母親がプリンシパルで、子供がエージェントだ。母親は、子供が買い物に行くモチベーションを高めようとして、「余ったお金は小遣いにしていいよ」と言ったとする。そうして買い物に行った子供が「ごめん、ピーマンは売っていなかった」と嘘をつき、ピーマンの分を小遣いにする行動に出たら、それがエージェンシースラックだ。

自己資本のエージェンシー問題、すなわち情報の非対称性のもとで、経営者が株主の利益を犠牲にして自己の利益を追求する行動を選択する問題、は「経営者の非金銭的欲求」と「経営者の拡大欲求」から引き起こされることが多い

1