1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

知らなかった・・・じゃ済まされない、マスク着用時のマナー

花粉症や大気汚染によるPM2.5などマスクが手放せない季節になりました。街では多くの着用者を見かけますが着用時のマナーをどれだけの方がご存知でしょうか。正しいマスクの使用法などとともに着用マナーをまとめてみました。

更新日: 2013年03月07日

289 お気に入り 167899 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

patongneverさん

【マスクの目的】

マスクとは、一般的に「鼻や口の部分を衛生あるいは防御目的で覆うもの」

最近はマスクをする目的や、マスクに対する印象が変化してきている

一昔前は「マスク=体調が悪い」でした

飛散の予防

口や鼻からの分泌物(ウィルスなどの飛沫物)の飛散を防ぐ

のどを保湿させて痛みを軽減させる役割

鼻から咽頭までの湿度を高め、侵入したウィルスの増殖を抑える

口臭対策として

臭いのある息が、マスクで一度止められ、直接、相手の顔に向かって行かなくなります

【マスクをする際のマナー】

マスクでその半分を隠してしまうと、相手には「よく分からない人=安心できない人」という印象を持たれやすく、不信感や不快感につながることがあります

初対面の場合、外見から受ける印象は大きいといわれています

人と接するときは『マスクをしたままで失礼いたします』と一言添える配慮を

はじめに表情をしっかり見せて挨拶し、状況を話してからマスクを装着すれば、相手に安心感を与えます

マスクを付けると声がこもりるので、電話応対時にはあまりよくない

どうしてもマスクを取りたくない場合は、対面するとき同様に、マスクをしていることを一言伝える配慮があるとよい

女性がマスクを外した時に、落ちたメイクが付着しているのも清潔感を損ないます。落ちにくいファンデーションなどを使いましょう

【マスクの正しいつけ方】

付ける前に手を洗い、マスク上下の端を軽くつまむ。プリーツ型はプリーツを広げる

マスクの金具部分を鼻の形に合わせ、マスクを顔にフィットさせ耳にかける

【マスクの正しいはずし方】

ゴムバンドのみを触ってはずし、マスク表面には触らない

マスク表面にはウイルスが付着している可能性があります

捨てる際は、蓋のついたゴミ箱に入れるなどの方法で、速やかに捨ててください。また、捨てた後は、すぐに手洗いを行いましょう

1 2