1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kirito0907さん

歌広場 淳(ウタヒロバ ジュン)。Be-su。1985年8月30日生まれ、O型、身長174cm、熊本県生まれ、千葉県出身。2007年4月22日加入。愛称は「うぱ」「じゅんじゅん」「うたひろ」など。本名は高山 淳(タカヤマ ジュン)。

日本大学藝術学部文芸学科出身。 ベースを弾くようなパフォーマンスはするが、実際はまったく弾いていない。ライブで使うベースギターの弦は、通常4本のはずが3本や2本しか張っておらず、タコ糸などを使用している。曲ごとの振り付けと煽りを担当。

「僕はメンバーの中で1番目立たない」などといった自虐的な発言がたびたびみられるが、パフォーマンス等で暴走する他の3人にツッコミを入れるストッパー的役割を担っており、最年少ながらバンド内のまとめ役でもある。

メンバー内で最も頻繁に髪色が変わる。以前は、黒と金(銀)のツートンカラーであったが、「黒髪を基に襟足のみ金」から「オレンジがかかった金髪」を経て、銀髪、ミントグリーン、エメラルドグリーンへと変わっている。

大学時代にゴールデンボンバーのライブを偶然見て、加入希望メールを送った。メンバーで唯一本名を明かしているのは、大学在学中、ホームページに宣伝を載せてくれると言われ承諾したところ、本名も書かれてしまったから。その後、「ゴールデンボンバーのニコラジ」内でうっかり自分から本名を明かしてしまい、それ以降ブログ等でもネタにするようになった。小学生の頃に少しの間、長崎県の滑石小学校に通っていた。

ビジュアル系バンドを瞬時に数百あげることができるほどヴィジュアル系音楽に詳しく、自らを「バンギャ男」と称す。日大芸術学部在学中からライブハウスに頻繁に通い、彩冷える時代からメガマソの涼平のファンで、大学の卒業論文のテーマにもした。DIR EN GREYにVISUAL SHOCKを受けたと、『僕らの音楽』で語っている。ヘドバンのやり過ぎでドクターストップがかかった事がある。「the GazettEのれいたファンのバンギャル」という設定の「バンギャル代表・淳子@れいたの嫁」というキャラクターでステージに上がり、踊ることがある。

小説の勉強をしていたこともあり文芸に明るく、ミュージカルへの造詣も深い。幼少期から宝塚に憧れがあったと公言しており、現在も観劇している。月刊TVnaviにて「イケメンがなきゃ生きていけない!」というコーナーを連載している。

元々ユーザーであったアパレルブランド「MINTNeKO」でコラボ商品が発売されているほか、同ブランドでモデル活動も行っている。

『イクシオン サーガ DT』の第5話 のチャラ男A役(ヒメ御一行が立ち寄ったリゾート地でマリアンデールに話しかけてきた、帽子をかぶり赤髪で黄緑縁眼鏡をかけたチャラ男)で声優に初挑戦。この模様はゴールデン・ボンバーとイクシオン サーガ DTのコラボユニットであるゴールデン・イクシオン・ボンバーDTの「DT捨テル」CD初回限定盤A&Bの特典に収められている。

2013年3月14日、自身プロデュースによるイケメン店員を集めたフルーツパーラー&バー「オータムリーフ」を秋葉原にオープンさせる。 (店名「オータムリーフ」の由来は英語でオータムが秋、リーフが葉より、秋葉原をイメージして)

天然ボケで、そのことを圧倒的(圧倒的人間性能の低さ)と自称していて、周りからイジられることもある。

1 2 3