1. まとめトップ

脱税しても有名人!FXで大儲けしたけどマルサに摘発された有名人【池辺雪子さん】【磯貝清明さん】

FXで億単位のお金を稼いでおきながら、税務署に申告しなかった為に摘発されて、追徴課税を受けた有名人のお話です。FXで億単位のお金を稼ぐなんて凄いですね。2人ともセミナーであったり、書籍の出版などで活躍しておられます。

更新日: 2013年03月09日

7 お気に入り 46600 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobuyuki5さん

磯貝清明さん

2004年に100万円でFXを始めて、2007年7月のピーク時には、証拠金が10億円にも達していました。

しかし、2008年に脱税で逮捕された時には3000万円しかなくて、税金を払いきれず、貧乏生活になってしまった人です。

2007年までFX相場にて、億単位の資産に

この言葉がウソではないことがわかる時が、すぐに訪れることになる。2004年から2007年までの間の円安進行が、この時期のFX投資家たちを大儲けさせたと言っても過言ではない。ゼロ金利の円を売って外貨を買っていれば、外貨の金利はほぼそのまま受け取ることができるような状況だった。もっと簡単に言えば、買って何もしなくてもいい。ただ持っていれば、毎日スワップポイントが運ばれてくるような状況だったのだ。

ヒルズ族から街のお兄さんに

夢のようなセレブ生活をしていた磯貝清明さんのもとにマルサがやってきました。磯貝さんはFXで儲かったお金に所得税がかかる事を知らず所得税を払っていなかったのです。このことは実名で新聞各紙に報道され大事に。追徴課税2億4000万円を課せられました。豪遊がたたり、ピーク時に10億円あった資産は3000万円した残っていませんでした。そのため2億1000万円の借金ができてしまいました。そのためヒルズの部屋を解約し、金属リサイクル工場へ逆戻りしてしまったのです。

関係者の場所を一斉に家宅捜索

令状を手にしたマルサ(東京国税局査察部)の査察官たちが突然乗り込んできて、押収物をダンボール箱に詰め込んで運び出していく─。そんなテレビのニュースで見る光景が目の前で繰り広げられたのは、2008年10月のことでした。彼らは朝の8時ぴったりに自宅マンションと、実家と、僕が経営する会社に一斉にやって来ました。おまけに、僕がFXの口座名義を借りていた友人や元カノの家にまで、同じ時間に乗り込んでたらしいです。「会社休まされたんだけど(怒)」というような連絡が次々来てびっくりしました。

24時間の取調べ

すべて終わったのは深夜1時過ぎです。この日、僕の調査だけで250人もの職員が動いたそうです。僕がFXの口座の名義を借りていた元カノや従業員の家にもマルサは来ていました。元カノの家では下着も調べられ、日記も押収されてしまったそうです。仕事場も同様で、近所の人によると、ワゴン車が横付けされてダンボールを満載にして帰ったそうです。

スーツを着て国税局へ行く磯貝清明さん

以来、国税局には週に2~3回足を運ぶことになりました。一日の調べは朝9時から午後4時くらいまで。それが半年続いたんです。初めは取り調べにもラフな格好で行っていましたが、2回目以降は少しでも相手の印象をよくしようと、スーツ着用で臨むようにしました。

全ての事情を丁寧に話したり、スーツを着て国税局に行ったり、真面目に対応したが、税金は全て降りかかって2億円の借金を抱えました。

FXで8億円稼いだカリスマ主婦の「池辺雪子さん」

今では、セミナー講師などに引っ張りだこです。

脱税する気なんてなかったのに

とすごい見幕で怒られました。結局この日は、朝8時から深夜0時まで、延々と家宅捜索がつづきました。家族は夜になって自宅に帰ってきたんですが、この様子を見てとても驚いていました。押収された書類は段ボールで何箱になったかわかりませんが、きちんと目録を作っておいていってくれました。

 私は脱税するつもりなんて毛頭なかったんです。確定申告をするため、わざわざ元国税庁勤務の税理士さんに相談し、「利益が4億4000万円ぐらいだから、その8割の3億5000万円は納める用意をしてください」と言われて、そのための準備をしていたし、書類もちゃんと提出していた。その矢先にマルサがやってきたんだからビックリですよ。

池辺雪子さんは、今はあまりトレードされてないみたい

「ドル/円相場が80円台になろうとしたり、もう異常な状態ですね(取材時の相場は90円台)。働いている人は雇用の契約を打ち切られたり、世界もそうですが日本国中がたいへんなことになっていますね。一個人投資家としては、ロングでもショートでもどちらでも方法はあるのですが、アメリカ発のことながら、国民の立場として言うなら政府や日銀には早く介入してこの状態を何とかしてもらいたいですね。私自身は出版やセミナーで忙しく、スイングや短期売買をする環境にありませんでした。今はランド/円のポジションを保有しているくらいです」

1