食品の摂取によるリスクは(つまり消化器を通しての摂取リスクは)小さい

出典PM2.5の食品への影響につきまして | 給食向け食材宅配サービス 九州育ち

九州・佐賀県に本部を置く株式会社ニコーが提供する給食向け食材宅配サービス会社「九州育ち」による発表

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

野菜は大丈夫?気になるPM2.5の国内農産物への影響

一部報道では、PM2.5による野菜をはじめとする国内農産物や食品への影響が伝えられています。しかし、PM2.5で問題になるのは「吸入」によって肺に付着する点であり、消化器官を通じての「摂取」(経口摂取)については、気にするほどのレベルではないとの報告もあります。

このまとめを見る