先ほどあげた「PM2.5の影響を受けて、国内農産物の硝酸性窒素が過多に」という報道。しかし実際は国内農産物が元々含有する量に比べたら、それほど多くないことが分かる。

また、私たちは、ごく普通にPM2.5の構成成分である無機塩(硫酸塩や硝酸塩など)と同じものを食べている。しかもその量は、大気中のPM2.5が野菜等に付着する量よりはるかに多い。

PM2.5は食品に影響を及ぼすのか? FOOCOM.NET http://p.tl/vWWv

この情報が含まれているまとめはこちら

野菜は大丈夫?気になるPM2.5の国内農産物への影響

一部報道では、PM2.5による野菜をはじめとする国内農産物や食品への影響が伝えられています。しかし、PM2.5で問題になるのは「吸入」によって肺に付着する点であり、消化器官を通じての「摂取」(経口摂取)については、気にするほどのレベルではないとの報告もあります。

このまとめを見る