1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

wogappeさん

【翔陽高校】

翔陽高校のモデルと思われる高校。物語のモデルとなった'80年代の神奈川高校バスケシーンでは国際審判員の顔を持つ阿部監督の指導の下、男子の県大会連続優勝、女子も数度の優勝を数えるなど名門として名を馳せた。当時の在籍者からは現在の各校指導者を輩出している。

【海南大附属高校】

海南大附属高校のモデルと思われる高校。
謎本(『スラムダンク』超人気の秘密)というには、『井上先生がバスケの試合の解説で「海南のモデル校が湘南工科」とはっきりおっしゃった』との文がある。
また、「湘南工科大附属高の昔の校長先生が、いつも扇子を持っていて高頭監督に似ていたそう」という情報もある

【陵南高校】

陵南高校のモデルと思われる高校。神奈川県鎌倉市に存在する県下有数の進学校。
あまりにもシチュエーションが良すぎて勉強する気にならないという「鎌ボケ」という言葉が存在する。
海外(主にアジア圏)のスラムダンクファンが許可もなく学校に入ってきたりするらしい

【深沢体育大学】

赤木を勧誘しにきた深沢体育大学のモデルと思われる大学。日本体育大学東京・世田谷キャンパスが東京都世田谷区深沢に存在するためその名前をとったものと思われる。また日本体育大学は大学バスケット界の強豪として知られ、劇中の設定とも重なる。

【湘北高校】

湘北高校のモデルと思われる高校。東京都武蔵野市に存在。
この地区の公立高校では都立武蔵高校に次ぐ進学校だそうです。
武蔵野北高校以外でも、特に1巻・2巻から出てくる場所はほとんど都内がモデルに使われています。

【山王工業高校】

山王工業高校のモデルとなった高校。同じ秋田県であることやユニフォームのデザイン、オールコートディフェンスを得意とするプレイスタイル、ベンチ入りできなかった選手たちの応援スタイル、全国大会前にOBとの練習試合の実施、監督が比較的若いことや、常に満員になる観客動員力、田臥勇太を輩出するなど実際に何度も全国大会連覇を経験している高校バスケ界の強豪として知られ、劇中の設定とも重なる。
なお、能代市とは異なるが秋田市中心部には山王の地名が実在する。

http://wingzero1113.jugem.jp/?eid=21 より引用)

これはわりと有名な話ですね。

1