2005年、明治大学サッカー部入部直後に椎間板ヘルニアを発症し、試合に出場できずスタンドで応援する日々が続いた。この時期、サッカーができないストレスでパチンコなど遊興に溺れた日々もあったが、実姉や大学の同窓生の叱咤激励もあってこれを乗り越えることができたと語っている

出典長友佑都 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界一のサイドバックへ!長友佑都、怒涛の軌跡

今では日本代表不動のサイドバック、セリエAインテルでも絶対的レギュラーの長友。しかし順風満帆な選手人生ではなかった。

このまとめを見る