2011年1月に開催されたAFCアジアカップ2011では全6試合にフル出場(日本代表では長友と今野泰幸のみ)し、決勝のオーストラリア戦では試合途中に左サイドバックから左サイドハーフにポジションを上げて、李忠成の決勝点をアシストするなど日本代表のアジア制覇に貢献した

出典長友佑都 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界一のサイドバックへ!長友佑都、怒涛の軌跡

今では日本代表不動のサイドバック、セリエAインテルでも絶対的レギュラーの長友。しかし順風満帆な選手人生ではなかった。

このまとめを見る