1. まとめトップ

【新事実】乳酸菌は毎日取らないと意味がない

乳酸菌というと、ヨーグルトや納豆。これは、おなかの調子に関係なく、毎日とらないと意味がないらしい。なお、乳酸菌サプリメントで代用も可能とのこと

更新日: 2013年05月06日

21 お気に入り 148371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kantaroooさん

そもそも乳酸菌って?腸内環境を整える理由

人の身体を形作る材料、エネルギー源は、腸から取り入れるしかない

出典乳酸菌サプリラボ

つまり、腸が健康でないと、十分に栄養素を取り込むことができないので、健康になることができないのです。

出典乳酸菌サプリラボ

乳酸菌が腸内環境を整えてくれています

腸内の環境を整えることが、腸を元気にし、また、排便を促す作用をもたらします。
ダイエットを気にしている女性も、単に食事制限するだけではなくて、腸内環境を整えることで、栄養バランスが整い、また、便秘ぎみだったのが、すっきりすることで、健康的に痩せることもできます。

出典乳酸菌サプリラボ

毎日のお通じはおなかの調子をみるためのバロメーターです。

◆乳酸菌を継続的に摂取しなければならない理由

①即効性がない

②すぐ減少する

善玉菌は乳酸菌を摂取しなくなると一気に減少し、悪玉菌がすぐに増殖

腸内にある善玉菌は、もともと数が少ないうえにとても勢力が弱いので悪玉菌に負けてしまう。
さらに偏った食生活、不規則な生活習慣、ストレスによっても減少していき、これらの要因が全く無くても加齢に伴って減少していきます。

③腸に留まる研究結果がない

多大な研究費と大変な努力が注がれていますが、、

乳酸菌の数を増やしたり、カプセルに入れて胃酸から保護して腸で溶けるようにしたり、胃酸でも死なない乳酸菌を作り出したりと、多大の研究費と大変な努力が注がれていますが、乳酸菌が折角生きて腸まで届いても外来の乳酸菌が腸に留まるという保証はありません。

④毎日とらないと便秘、体臭、口臭に

便秘になると、便はそのうち腐敗し、有毒ガスと有毒物質を発生させます。
腸内の悪玉菌が増えている状態で、有毒物質は大腸がんの原因になります。

毒物質は腸から血液に入り、全身に回ります。
そして、皮膚には肌荒れをおこし、体臭と口臭を発生させます。
それが脳に渡れば頭痛の原因にもなります。

乳酸菌を毎日継続して摂取して、健やかな腸内環境維持に努めるよう心掛けましょう。

◆1日どのくらい乳酸菌が必要?

胃酸でヨーグルトの乳酸菌は90%以上が死滅してしまいます。

乳酸菌類はヨーグルトなら1日200~300g、できれば500gを摂る

便の臭いでお困りの方は、ヨーグルトは毎日最低でも100gは継続して食べる習慣を

乳酸菌サプリメントは、この1,2年大注目されている商品になっています。
健康でも美容でも効果が高い、うれしい効果がたくさんある商品です。

出典乳酸菌サプリラボ

◆乳酸菌サプリメント

たくさんの会社が出しており、迷うので、以下に詳細と価格を並べてみました。

新ビオフェルミンS錠 540錠¥ 3,308

知名度が高いにも関わらずお手頃な、良心的価格で驚きました。

1 2