1. まとめトップ

自称・史上最弱昼酒ライター

北海道札幌市生まれ・在住。関西の大学で日本文学を専攻し、卒業後は帰郷して祖母の介護をしながら暮らす。20代後半のときに学研主宰の女流文学新人賞「フェミナ賞」を受賞。小説は単行本化されなかったが、その後札幌を拠点にフリーライターとして活動を開始。主に書評やエッセイを手がける。

「フェミナ賞」はフランスの同名の賞とは別。第1回受賞者には江國香織と井上荒野の名が。

2001年3月より「モヘジ」のハンドルネームでウェブ日記「なにがなにやら」を書き始める。「地方都市で両親と実家暮らしの、酒好きの独身女性」という立場からのユーモラスな筆致が評判を呼び、2005年に『枕もとの靴 ああ無情の泥酔日記』のタイトルで札幌市の出版社・寿郎社より出版される。

ちなみに、寿郎社は硬派なノンフィクションを数多く出している出版社である。

長澤まさみがハマった

40代、独身。好きなもの、昼酒。座右の銘は「好奇心は身を滅ぼす」。日常の出来事に無駄な妄想で切り込んでいく。読んでも何の役にも立たないけれど、思わず笑いがこみあげて、不思議と元気が出てくるエッセイ集。(「BOOK」データベースより)
(毎日新聞社、2008年、のちPHP文芸文庫)

榮倉奈々も大好き

恐山の温泉で「極楽極楽」と言ってみる。知床半島のクルーズでいちゃつくカップルに呪いをかける。札幌在住のぐうたら作家が渾身の力を抜いてだらだら歩く爆笑・北のパワースポット巡りと摩訶不思議なショートストーリー。(「BOOK」データベースより)
(寿郎社、2012年)

単なる酔っぱらいではない、かもしれない

誰に頼まれたわけではないが、酒癖にやや難のある友人に読むようにすすめまくっている。その感想が「他人事ではない」だったか「おれはここまでひどくない」だったらは忘れた。
北大路公子は、どこまでほんとうなのかよくわからないアルコール度数の高い日常をキレがあってコクがあって芳醇かつスッキリとした後味の文体で綴る。

出典荻原魚雷「泥酔の国の北大路公子」本の雑誌2012年9月号

もちろん本名ではない

本名非公開。1963年札幌市生まれ、札幌市育ち、札幌市在住。座右の銘は、覇気のなさから「好奇心は身を滅ぼす」。「北大路公子」というペンネームは、2005年にデビュー作『枕もとに靴』(寿郎社)出版にあたり、寿郎社の社長が命名した。「ちょうど日本ハムファイターズが札幌に移転した年だったため、『せっかくだから「ハム子」ってことでいいんじゃね?』ということで、5秒くらいで決まりました」と、ペンネーム決定の経緯を話してくれた。「北大路」については、なんとなく本名の雰囲気を残した。

著書はほかに

《警告》 電車内では決して読まないでください。笑いすぎによって不審人物となる恐れがあります。
ハマると抜け出せなくなるキミコの大爆笑日記。その大一作が【増補新装版】で登場!
巻末に山本文緒氏との特別対談(上)を収録。
(寿郎社Webサイトより)
(寿郎社、増補新装版、2012年)

《注意》 ティッシュを用意してからお読みください。涙と鼻水が止まらなくなる恐れがあります。笑いすぎで。
どんなに落ちこんでいても読めば元気が出る大爆笑日記の第二弾。
巻末に山本文緒氏との特別対談(下)を収録。
(寿郎社Webサイトより)
(寿郎社、増補新装版、2012年)

40代、独身、趣味昼酒。『サンデー毎日』連載エッセー、待望の単行本化第二弾。
(「BOOK」データベースより)
(毎日新聞社、2010年)

『小説すばる』で日記を連載している

北大路公子先生、「小説すばる」で連載スタート!!! 寿郎社刊「ぐうたら旅日記」「枕もとに靴」「最後のおでん」などブレイク中の北大路先生、「小説すばる」(集英社)の今月号で、新連載「日記を書くためだけに生まれてきた」開始です!!! pic.twitter.com/WYeFu6xl

小説も書いている

連作掌編小説 『均された世界』 第八回 「灰色の雪」 北大路公子

雑誌『季刊 メタポゾン』第八号

書評も書く

「愉快で怖い酒飲み本10冊」
失敗しても「まあいっか」、今日も懲りない酔っぱらいたち十態
『平成酔っぱらい研究所 完全版』(二ノ宮知子)
『酔客万来 集団的押し掛けインタビュー』(酒とつまみ編集部編)
『ミザリー』(S・キング)
『シンプル・プラン』(S・B・スミス)
『笹まくら』(丸谷才一)
『風の歌を聴け』(村上春樹)
『酒場ミモザ』(ほうさいともこ)
『記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?』(川島隆太、泰羅雅登)
『今夜、すべてのバーで』(中島らも)
『蛙のゴム靴』(宮沢賢治)

出典本の雑誌おすすめ文庫王国2013

Twitterではユルさ全開

小田原で買ったわさび漬けでなんぼでもビール呑まさる。

いい天気だなー。なかじまービール呑み行こうぜー。(朝の9時です)

「さくさく日記」って、袋の感触から「あと一枚で終わり」と思ったその一枚が乾燥剤である確率高いからチューイして!

それにしても全然二日酔いじゃない。お付き合いくださった方が酒残りでヘロヘロになっている間、朝から一人おにぎりまで食べてしまった。進化したのか、遅れてこれから二日酔うのか。

昨日お酒を抜いたせいか、今日は砂地に水を撒くが如くなんぼでも呑まさる。止めて。あ、やっぱり止めないで。

夏ならここで寝るのよ。ビールもう冷蔵庫にないから。でも物置にはあるのよ。そして今の時期はそっちの方が冷えてるのよ。どうなの。どうするの。

1





ken_Slashさん