原料は秩父天然水(満願)、砂糖、レモン、クエン酸、増粘多糖類。秩父天然水、つまり水がメインの材料なのは本当のようです。プラスチック容器からお皿に出してみると、かなりプルルンとした質感のためか、ベローンと広がってしまいました。まるで葛湯(くずゆ)のようです。かなり清涼感があり、砂糖入りの葛湯が爽やかな風味になったという味をしていました。しかし葛湯よりもさっぱりとしているため、そこはやっぱりゼリーなのだなと思いました。甘みも程よく、これなら210円を出してもいい味だし、量は少ないのですがこれが丁度よい量だと感じました。きっと、量が多いと「くどい」と感じてしまうことでしょう。

出典【買ってグルメ】水のゼリーなのに210円もする『満願の水ゼリー』は本当に美味しいの? | Pouch[ポーチ]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【レシピ】本当に水だけで作る”水ゼリー”が美味いらしい!

森の水だより、アルカリイオンの水、ボルヴィック、六甲のおいしい水、富士山のバナジウム天然水、エビアン、コントレックス等、日本で発売しているミネラルウォーター全種類の水ゼリー評価表を見てみたい!(笑)

このまとめを見る