1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

actsanさん

八頭身美人

昭和28年7月、アメリカで行われたミス・ユニバース・コンテストで、伊東絹子が第3位に。「八頭身美人」として話題になると同時に、流行語にもなった。

まかしとき

東京の学生のあいだで流行。

ダブルハット

後ろ姿を見てハッと期待し、前から見てハッと失望する様から。

エッチ

HENTAIの頭文字から。船橋聖一の小説「白い魔魚」のなかで使われて流行。

ダメおやじ

古谷三敏の漫画タイトルから。

わてほんまによういわんわ

笠置シヅ子の「買物ブギー」から。

とんでもハップン

「とんでもない」とhappenを合成。昭和25年6月から「朝日新聞」で連載された獅子文六の小説「自由学校」で使われたことから流行した。「イカレポンチ」も、この小説から。

オーミステイク

昭和25年9月24日、日大職員の給料を強奪した19歳の少年がつかまったときに発した言葉。

あちら族

渡米して帰国した人々がさかんに「あちらでは…」とひけらかした。それで「あちら族」という呼称が流行。

てんやわんや

昭和23年12月から「毎日新聞」で連載された獅子文六の小説「てんやわんや」がきっかけて流行。「でんでんに(各自勝手に)」と「わや(無茶苦茶)」の合成語。

厳粛なる事実

昭和24年、民主党副幹事長の園田直と労農党の松谷天光光が、保革のイデオロギーをこえて電撃結婚。今で言う「出来ちゃった婚」だが、このときは園田が「厳粛なる事実」と表現した。

そのものズバリ

昭和22年11月、NHKラジオで始まったクイズ番組「二十の扉」から。

ご名答

昭和21年12月、NHKラジオで始まったクイズ番組「話の泉」から

参考資料

1