1. まとめトップ
  2. 雑学

宮崎あおいの性格・人柄がわかるエピソード

宮崎あおいの性格がわかるエピソード。離婚した高岡蒼佑が不良?だった為か、宮崎にもヤンキー疑惑が。兄は俳優の宮﨑将。岡田准一、向井理とは熱愛疑惑も。公式ブログはない模様。ぱるる(島崎遥香)や二階堂ふみと似ていると騒がれている

更新日: 2013年05月03日

132 お気に入り 726218 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

locosponさん

本人が語る自身の性格

どこでも寝れる

宮崎あおい「昔、朝起きてマネージャーに電話した後に二度寝?で遅刻することがあった。
その為『家を出た時に電話をしなさい』って言われた。
でも電車の中で寝ちゃうから、『座らないで』って言われた。
(それでも、)つり革に掴まって寝ていた」

物忘れが酷い

宮崎あおい「一回本当にやばいと思って、病院に行って調べてもらったが異常はなかった。」
●旅行先に行った時に、テレビのリモコンをもって帰ってきた
●人との約束も忘れちゃう

家では「編み物」をしている

櫻井翔「僕の行動範囲の中で『編み物』をしている女性がいなかったので、すごく女性らしいなって思った」

共演者が語る「宮崎あおい」

【向井理】
結構、暗い。現場でもチラチラ見てたけど、同じ事をずっとやってたり、芯が強くて真っ直ぐな人なんだと思った。

宮崎あおい「お互い暗くて人見知り。いつもそれぞれ別々のことをしてて、そんなに話してないけど、居心地が良かったです」

【堺雅人】
読書家であることに驚いた

堺雅人「大河『篤姫』の時は一人でポツんと座っていた印象。(映画で再共演した時は)毎日違う本を読んでいた。」

【松田龍平】
「あんまり自分からは発さない人。でも、話すと変な玉を投げてもちゃんと返してくれる良い人です。」

【イーサン・ランドリー】
「スターなのに、地に足の着いた人。フレンドリーでオープンな人でびっくりした。なので、普通に接してしまうが、彼女の作品を見て改めてスターだと実感した。また、いろいろな面でサポートしてくれた。」

イーサン・ランドリー「一番大きなことは、撮影中彼女が映っていないシーンでも、私が芝居をしやすいように、映っていたとき以上に、ベストなパフォーマンスをしてくれたこと」

大女優・故?「宮崎あおい」にまつわる噂

堀北真希とは険悪な関係

大河「篤姫」で共演時、堀北のほうが扱いが大きかったことから宮崎が大激怒。
現場では口もきかないほど険悪な仲になったという。

番組のディレクターを交代させた

『純情きらり』(2006年)で主演を務めた宮崎あおい(26才)は、1シーンで40カットも撮るディレクターに「撮り方がしつこい」とクレームを入れて対立し、ディレクターを代えさせたと報じられた。

民放のドラマに出ないのは病気が悪化するのを防ぐため??

2002年頃に脳に異常を感じ、セリフが覚えられないと言って半年近く仕事をセーブしていた。
2011年、物忘れがひどく病院で検査をしたが異常はなかったと告白

関連まとめ

参考サイト

1