1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

サーフミュージックのおすすめ曲【入門編】

サーフミュージックの定義は分りませんが、心落ち着く、ぼーっとしたい時や海を眺めながら聴きたい曲を集めてみました。

更新日: 2014年09月22日

1407 お気に入り 548181 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

immyaさん

サーフミュージックってどんな曲???

最近のサーフミュージックといえば、Jack Johnson(ジャック ジョンソン)を代表とするアコースティックギターを基調とするゆったりと穏やかな音楽のことをいいますね。他には、ロハスなテーマを歌った音楽もサーフミュージックと呼ばれているみたいですね。

薄暗い部屋で昼間から酒を飲みながらサーフ・ミュージックと波の映像で頭をキラキラさせている

@chihooo117 よし、決まり( ̄ー ̄)( ̄ー ̄) 一緒に酔っ払いながら、ビーチで上質のサーフミュージック!あぁそれだけでもう何もいらん…幸せ…

代表的なアーティストとおすすめ曲

(The Beach Boys)は、1961年に結成されたアメリカのロックバンド。
米国西海岸の若者文化、特に青い海、ビキニの娘、サーフィン、自動車などをテーマにした軽快な楽曲で知られている。日本でも山下達郎、大瀧詠一などビーチ・ボーイズを敬愛するミュージシャンは多い。

映画『カクテル』の主題歌「ココモ」。全米No.1を獲得する大ヒット曲。

'66年の「Good Vibrations」以来なんと22年振りのNo.1ヒットで、これには熱心なファンでさえも驚いた。

「サーフィン・U.S.A.」はアメリカにおけるビーチ・ボーイズの最初の大ヒット曲

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

それまでハードコア・パンクが主体であったサーフ・ミュージック・シーンに新風を起こし、今やミュージシャンやサーファー界など多方面から高い評価を受けるサーフ・シーンの第一人者として認知されている。

また、サーファー、映画監督、実業家、プロデューサーの顔を持つなど、ミュージシャン以外にも多様な才能を発揮している。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

01年にインディーズ・レーベル<AWARE/COLUMBIA>と契約を交わし、アルバム『ルーム・フォー・スクエア』をリリース。同作は全世界で400万枚を超えるセールスを記録している。03年には、第45回グラミー賞「最優秀男性ポップ・ヴォーカル」を受賞。さらに05年に、2ndアルバム『ヘヴィアー・シングス』からの楽曲「ドーターズ」によって、グラミー賞「最優秀楽曲」と「最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス」の2部門を受賞。まさに時代を象徴する男性シンガー・ソングライターと言えるだろう。

John Mayerはサーフミュージックアーティストでは無いかもしれませんが・・海辺で聴きたい曲もたくさんあるんです

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

アメリカ合衆国・ヴァージニア州メカニックスビル出身の男性ミュージシャン・シンガーソングライター。オーガニックなアコースティック・ギターのサウンドをベースに、ソウル、ファンク、レゲエ、R&Bを取り込んだ緩やかで和やかなポップ・ソングを、ラップ調の早口なヴォーカルに乗せて唄う。その音楽性はジャック・ジョンソンやG・ラヴ&スペシャル・ソース周辺のサーフ・シーンからも注目を集めている。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ドノヴァン・フランケンレイター(Donavon Frankenreiter、1972年12月10日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身のシンガーソングライター、フリーサーファー。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

出典tower.jp

ジェイミーフォック(ジャンゴ最高!)やエルトンジョンに見いだされ
今や、テイラースウィフトの楽曲を提供する、若きイギリスのシンガーソングライター

4歳から聖歌隊で歌い、幼少からギターも覚え、路上ライブ、ライブハウスや、パーティ会場の家で寝泊まりしながら生活していた頃もある、インディーズ時代のYoutubeの画像が膨大にあり、作り出されたアイドルではない、本物の歌手であると、世界で急上昇中。

1 2