1. まとめトップ
  2. カラダ

調味料から美容や便秘まで万能すぎる「ハチミツ」の凄さ

あまりに凄すぎるハチミツの様々な効果をまとめてみました。

更新日: 2017年05月10日

genzohさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1800 お気に入り 330863 view
お気に入り追加

みなさんご存知「はちみつ」ですが、その効果はご存じですか?
実ははちみつは食べるのはもちろん美肌効果やダイエットなどとても幅広く使える夢の食材なのです。

カロリーは砂糖の4分の3、甘さは1.5倍!

砂糖と同じ量をとっても脂肪となる率は砂糖よりも低くなります。しかも砂糖より甘味は強く感じられるので、控えて使うことができます。

「賞味期限」は無期限!

はちみつは強い殺菌力をもっており、保存食の代表的なもので、古くなったものを食べても心配はありません。

天然の蜂蜜は腐ったり成分が変化することなく、実際賞味期限はないといっても過言ではありません。ただ、日本の夏は暑いので、ふた夏越えると香りが抜け、色が濃くなって味も落ちます。おいしく食べるなら採れてから2年を目安に。

成長ホルモンを分泌する際のエネルギーは、体脂肪を燃焼して作っており、脳が成長ホルモンを分泌する際に、エネルギーとして使うのが、肝臓に蓄えられた糖質です。

「脂肪」に変化しづらい!

ハチミツの主成分の果糖とブドウ糖は、いずれも単糖類なので、体内でこれ以上分解する必要がない糖類のため、脂肪になる前にすぐにエネルギーに変わってくれる

ハチミツの糖はスムーズに吸収され、すぐにエネルギーとして消費されます。また一定量しか血液に吸収されないので、砂糖と同じ量をとっても脂肪となる率は砂糖よりも低くなります。

「美容」にも効果絶大!

保湿効果・収れん作用・消炎作用に優れているので、化粧品などに配合されていることも多いです。有機酸やビタミンB群、酵素などが肌をなめらかにします。

はちみつは水分が約20%と少なく、肌への保湿効果が高まると言われています。それに加えて、美肌を作るビタミンB群やビタミンCなどが豊富に含まれています。

「石鹸」「パック」「リップ」にも混ぜると効果的!

http://handmade-soap.iinoda.com/recipe/hatimitu.html
材料(2個分)
・無添加化粧石鹸…100g
・はちみつ…大さじ1
・湯…40cc
作り方
1.無添加化粧石鹸をおろし器ですりおろします。
2.ボウルにはちみつ、湯を入れて混ぜます。
3.1の石鹸を加えて軽く混ぜます。
4.粘りが出るまで手でこねます。
5.4を2つに分けて、俵型に形成します。
6.約2週間、自然乾燥させれば出来上がり。

はちみつパックは、はちみつを直接、または少量のお湯で溶いて、顔に3~10分ほどパックして洗い流すだけです。

また、お風呂にはちみつを入れて、ゆっくり浸かる方法も行なっている方がいるようです。
化粧水や美容液、クリームにはちみつを1滴入れると、お肌ツルツル。

※一度肌に合うか合わないかを確かめるためにもパッチテストを行なってからしたほうが良いと思います。

付けるとぷるんとグロスのようなツヤが出ます。
とにかく保湿&リペア効果が抜群!
荒れ解消効果があります。

「疲労回復」に最適!

内に取り込まれてから素早くエネルギー源として働き始めることから疲労回復の効果があります。

意外に知られていない「整腸作用」!

はちみつが便秘に効くのは「グルコン酸」という成分が含まれているからです。有機酸の一種で、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増やす環境をつくります。

ハチミツには水分吸収作用があるため、便の水分が『腸に吸収されるのを防ぐ』働きがあり、便が柔らかくなるため排便がスムーズに行えます。

1 2





genzohさん