1. まとめトップ

小売・ネット業界大注目「オムニチャネル」基本のキから事例まで

これから日本でも主流になっていくと言われる、「オムニチャネル」「オムニチャネル・リテイリング」についてわかりやすく説明してみます。小売、Eコマース、O2Oビジネス、ソーシャルマーケティングなどに携わっている人、それらのネタがお好きな方向け。

更新日: 2013年10月10日

341 お気に入り 205836 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naricocoさん

【まとめマップ】
✓え?オムニチャネル?→1ページ目をとりあえずご覧ください
✓オムニチャネルの大まかな意味を知りたい→2ページまでご覧ください
✓なぜオムニチャネルが台頭してきたか知りたい→4ページまでご覧ください
✓事例だけでいいや→5ページ以降をご覧ください
✓最新ニュースは最終ページへ
※事例は随時追加
※誤りがあったら教えてください

【更新情報】
武庫川女子大学の事例を追加(2013/6/25)

HOTなニュース

オムニチャネルとは?60秒まとめ

✓たとえば?

✓成功した企業はあるの?

◆アメリカ老舗百貨店 Macy's
◆韓国テスコ
◆コカ・コーラ オーストラリア  など

✓日本で実践している企業は?

資生堂、ABCマートなどが取り組みを始めている。
まだまだ模索段階であり、これから参画する企業は増えていくと思われる

✓どの業態が向いている?

業態よりも提供している商品、サービスによる向き不向きがある。顧客像も重要。
小売業だけでなく、店舗を持たないメーカー、金融業でも実践している。

一言で言うと…

✓キーポイント

①「他とは違う」「自社にしかない」ブランド体験を提供し、ロイヤルティを獲得

②ブランド・エクイティを向上させ”ファン”を作る

③システムや設備は不可欠:リアルとネットを繋ぐ顧客管理、店舗へのシステム導入など必要になる

④顧客のソーシャルメディア情報と自社DBを結び付け、提案の精度、関係の深度を高める

オムニチャネルを実践するために忘れてはいけないこと

唯一無二の体験や、感動を提供して、顧客に「あの店で買いたい」と熱望させる

「買う」こと以外の意義を提供

成功の3ステップ

1 来店促進の仕組み→「リアルからネットへ」「休眠顧客、新規顧客の開拓」

2 コンバージョンレート向上の仕組みと「楽しく、思わず買ってしまう」仕掛け→来店客を購入者(Shopper)へ

1 2 3 4 5 6 7 8 9