1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

印象深かった言葉・ストーリーが懐かしい!国語の教科書に載っていた作品

小中高の国語の教科書に掲載されていた懐かしい作品をまとめました。今でも多くの人の記憶に残る作品には、印象的な一節があります。大人になった今読み返してみると当時とは違った印象を受けるかもしれません。

更新日: 2013年03月17日

563 お気に入り 736803 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

くまもちさん

今思えば、本好きにとって国語の授業は幸せでした

高校時代に現代文の教科書で読んだもののタイトルを見ると心が踊る。羅生門とか、山月記とか、舞姫とか、高瀬舟とか、こころとか。今思えば、幸せな国語の授業だったんだろうなあ。先生方元気かな。

お母さんがこころにハマって 現代文の教科書返してくれない

やまなし(宮沢賢治)

「クラムボンはわらったよ。」谷川の底で、かにの兄弟がはなしていると、とつぜん、お魚が…。(『やまなし』)ユニークな視点から見た、季節の変化と生命のいとなみの物語、二編。小学校1年生から楽しくよめる宮沢賢治のおはなし。
(出典:amazon「BOOK」データベース)

クラムボンはわらったよ。
クラムボンはかぷかぷわらったよ。
クラムボンは跳ねてわらったよ。

クラムボンは死んだよ。
クラムボンは殺されたよ。

『クラムボン』が何かはずっと謎のままです。

文中で蟹たちが語る「クラムボン」と「イサド」が何を指しているのかは不明である。「イサド」については話の内容からして場所の名前ということだけがわかっているが、「クラムボン」についてはその正体に対して様々な議論が繰り広げられている。

宮沢賢治の「やまなし」のタイトルを、クラムボンって覚えてる人多そう

クラムボン…、懐かしい響き(*^^*)小学6年生の国語の思い出ですね!

宮沢賢治は『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』なんつって、もんのすげー造語能力を持ってるんだけども、そうゆう言葉の感触が何に似てるのか、何から来てるのか皆目わからない。あの時代、東北には宇宙に繋がる入口出口があったんじゃないかとゆーよーな気がしてくる。

小6のときの担任がやまなしやってるときに「前の学校ではクラムボンは泡だっていう意見も出たんですよ〜」って言ってたけどクラムボンは泡じゃないの……未だに気になっているのだよ

こころ(夏目漱石)

美しい妻と静かに暮らす「先生」には人には言えない過去があった。足繁く通う大学生の「私」に「先生」はこころを開くようになる。そしてある日、自分の秘密を告白した手紙が「私」の元に…。
(出典:amazon「BOOK」データベース)


記憶してください。
私はこんな風にして生きて来たのです。

精神的に向上心がないものは馬鹿だ。

友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人を取ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治高等遊民の利己を書く。

夏目漱石の『こころ』が部屋から出てきたので久しぶりに読んだ。高校の教科書では一部抜粋だったけど、全編読んでみて改めて気にかかるのは、「先生」の手紙の分量…。どういう状態で届いたのか…とばかり考えていたらすでに実験済みだったportal.nifty.com/2009/12/21/b/3…

夏目漱石のこころは唯一、学校で読んでて楽しかった。

夏目漱石の『こころ』に出てくる『精神的に向上心がない者はばかだ』って言葉はしっかりかみしめて考えたいものね。私もいつも考えてる。

舞姫(森鴎外)

主人公、太田豊太郎はエリート官吏である。彼はドイツ留学中に舞姫エリスと出会い、二人で暮らし始める。しかし、そのことによって周囲から中傷され官職を辞することになる。やがて、豊太郎は、前途を案じる友人からの勧めに応じて、エリスとの別れを決意。事情を知り発狂した身重のエリスを残し、豊太郎は日本へと帰国する。
(出典:amazon 内容紹介)

豊太郎、エリス、相沢は確かに明治時代を反映しているような心情の変化もみられるが、その根本は現代人でもあり得そうなことであると思う。

教科書に載ってたやつを読み直したいなー!次は舞姫あたりを読むかの…エリス・・・ この間友達と話したけど、教科書に載ってた物語って鬱なのが多いの・・・

妹の現国の教科書に載ってる舞姫には『エリスは狂女なり』の最後の部分がなかった。というか最後の船内でのくだりが、全カットだった。

羅生門(芥川龍之介)

うち続く災害に荒廃した平安京では、羅生門に近寄るものもいなくなっていた。その楼上で、生活のすべを失い行き場をなくした下人は、死人の髪の毛を抜く老婆に出くわす。その姿に自分の生き延びる道を見つける…。
(出典:amazon「BOOK」データベース)


己(おのれ)もそうしなければ、餓死をする体なのだ。

羅生門とは、朱雀大路にある平安京の正門のことである。正しくは羅城門であるが、人間の生を意識してあえて「羅生門」にしたと考えられている。

教科書に載っていたのを思い出して、再読。 人の死体が門の上にゴロゴロ転がっており、泥棒をしないと生きて...『羅生門』芥川 竜之介 bit.ly/Z48f9V

国語の教科書といえば、「羅生門」等を差し置いて「6月の蝿取り紙」が、なぜか印象的(笑)中学の時だったかな?今もまだ教科書に載ってるのかな?

走れメロス(太宰治)

「邪智暴虐の王」への人質として差し出した友人・セリヌンティウスの信頼に報いるために、メロスがひたすら走り続けるという作品。信頼と友情の美しさを基本に描きつつ、そこに還元されない人間の葛藤をも描いた、日本文学における傑作のひとつ。
(出典:amazon 内容紹介)

人の心を疑うのは、最も恥ずべき悪徳だ。

メロスは走った。
メロスの頭は、からっぽだ。何一つ考えていない。

走れメロスなー。何の意図で教科書にのっていたんでしょう

中学高校でそれなりに国語の授業を真面目に起きて受けていたひとには森見登美彦の新釈走れメロスを読んでみてほしいものです。

1 2 3