1. まとめトップ
  2. 雑学

バイク乗りのヘルメット選び

バイク乗りのみなさん、これからバイクに乗ろうと考えているキミ!そんなあなたの命を守るヘルメットって種類が多すぎてよく分からないですよね。そこで、今回はヘルメットのタイプ別の特徴を紹介します。これを参考にして選んでみてはいかがでしょうか。

更新日: 2016年07月14日

mtkaaaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
262 お気に入り 1565376 view
お気に入り追加

バイク用のヘルメットには、5つの種類がある。

[1]フルフェイス

数あるヘルメットの中でも安全性が最も高いとされているフルフェイス。

スポーツ走行を楽しむ人や安全性重視のライダーが厚い信頼を寄せるフルフェイスタイプは、レースで培われた技術がそのままフィードバックされているなど、ハイテク技術が満載なのが見逃せないポイント。

プロレーサーのレプリカモデルなどが手に入るのも、ファンにとってはうれしいところです。

【長所】高い安全性。風を巻き込みにくく、装着時は安定しています。
【短所】コストが高め、視界が他のタイプのヘルメットに比べ狭い。

欠点としては他のタイプに比べると値段が高くなってしまうところです。
安全志向ならフルフェイスがオススメです。3万~4万円くらいのを買えば間違いないと思います。
そのくらいのランクのでしたらベンチレーションが良いので夏でも割と快適です。冬は寒くないのでオススメです。
AraiかSHOEIのを買っておけばまず問題ないでしょう。
ちなみに私はAraiのフルフェイスを使用しています。

バイクで事故をするとあごの部分が地面と擦れて削れると聞きます。私もバイクで事故したことがあるのですがヘルメットのあごの部分は削れていました。
他にもトラックにひかれてもヘルメットのおかげで頭にダメージがなかったという話も聞いたことがあるので安全にバイクを楽しみたい人はフルフェイスをお勧めします。

ミラーシールドなどを付けるとカッコいいですね。このように誰でもイケメンに見えます。

▼オススメメーカー

迷ったらこのメーカー!!この二つのどちらかならまず間違いないです。私個人的には、Araiの締め付け感が好きなのでAraiを押します。デザイン的にはSHOEIの方がカッコいいと思います。

[2]ジェットタイプ

快適さナンバーワンのジェットタイプ。

魅力はなんといっても広々とした視界による圧倒的な開放感です。

シールド付きタイプなら、街乗りからツーリングまで幅広く使うことができます。

【長所】優れた開放感。通気がいい。
【短所】フルフェイスに比べ顔部分の保護性能が劣る。風を巻き込むので、高速走行時に不安定さを感じる事がある。

ヘルメットを脱がなくても飲み物を飲めるなど快適さは一番ですね。
欠点としては、顎が守れないので転倒スリップした際などは顎が削れる事例があるので安全性はフルフェイスには少し劣ります。
冬はフルフェイスと比べると寒さを感じやすいです。

1 2 3





mtkaaaさん

個人的な趣味でまとめをしています。そのため、内容に統一性がなくごちゃごちゃしています。



  • 話題の動画をまとめよう