1. まとめトップ

生きてるだけで丸儲け!一流ブランドと生涯契約を結ぶスポーツ選手たち

トップアスリートの中でも極めて異例な、引退しても"死ぬまで一生サポート"が続く、「生涯契約」を結んでいる選手たちをまとめました。

更新日: 2013年03月21日

2 お気に入り 27892 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆サッカー

「中村俊輔⇔adidas」

2000年からアディダス・ジャパンと毎年5000万円で生涯契約

仮に日本人男性の平均寿命で換算すると約25億円。

【所属】
横浜F・マリノス / 元日本代表

【主な成績】
2000年にJリーグMVPを日本人選手として最年少の22歳で獲得、アジアカップ2004MVP、2006-07スコティッシュ・プレミアリーグMVP、FKキャリア通算50得点

「遠藤保仁⇔UMBRO」

2008年からUMBROと生涯契約

2001年から同メーカーを愛用していた。

【所属】
ガンバ大阪 / 日本代表

【主な成績】
日本代表の国際Aマッチ出場数最多記録保持、2009年アジア年間最優秀選手

「ベッカム⇔adidas」

2004年からアディダスと総額190億円で生涯契約

市場価値だと、あのタイガー・ウッズやマイケル・ジョーダンですらベッカムの半分にも及ばないと言われています。

【所属】
パリ・サンジェルマン(フランス) / 元イングランド代表

【主な成績】
FIFA最優秀選手賞では2位に2度選出され、2004年に初めて最も収入を得たサッカー選手となり、英国人として初めてUEFAチャンピオンズリーグ100試合出場を達成

「ロナウド⇔NIKE」

ナイキと毎年7億円で生涯契約

【所属】
引退 / 元ブラジル代表

【主な成績】
FIFA最優秀選手賞, FIFAバロンドール,ヨーロッパ・ゴールデンシュー, ゴールデンフット賞, UEFA年間最優秀選手

◆テニス

「フェデラー⇔ウイルソン」

2006年からウイルソンと生涯契約

プロ入り前から愛用していたそうです。

【国籍】
スイス

【主な成績】
シングルス4大大会・17回優勝、2008年北京オリンピック金メダル(ダブルス)、2012年ロンドンオリンピック銀メダル(シングルス)

◆バスケ

「アイバーソン⇔リーボック」

2001年からリーボックと生涯契約

本当はナイキが好きという噂も。

【所属】
ベシクタシュJK(トルコ) / アメリカ出身

【主な成績】
プレイオフ通算の1試合平均得点NBA歴代2位(30.0得点)(1位はマイケル・ジョーダン)

通算の1試合平均得点NBA歴代3位

「トレイシー・マグレディ⇔adidas」

2002年からアディダスと生涯契約

【所属】
青島イーグルス(中国) / アメリカ出身

【主な成績】
NBA得点王(2003,2004年)

「ティム・ダンカン⇔adidas」

1 2