1. まとめトップ
  2. ガールズ

意外なものがNGだった!結婚式・披露宴・ブライダルのフォーマルパーティバッグの選び方とマナー

マナーをおさえて、結婚式のバッグもおしゃれにスタイリング。知らずにやってしまっていたブライダルパーティーバッグのマナーNGとは。

更新日: 2013年03月19日

905 お気に入り 520676 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

うさGさん

ベストな素材と色

ベストなバッグは、小さなハンドバッグで革製のものです。革はフォーマルにとても合い、写真撮影の時にも腕にかけられるので使い勝手も良いでしょう。

シルク製やガラスビーズ、スパンコールなど光物で華やかさを取り入れてみたり、また落ち着いた皮製のフォーマルバッグなどがよいでしょう。

ビーズやスパンコールなどをあしらったタイプは、ファッションのポイントとして取り入れても。

大きさは小さめがおしゃれ

大きさはA5サイズが入る程度の小さめバッグを。

A5サイズは148mm×210mm

荷物が多い場合、サブバッグに紙袋を使うのは卒業しましょう

絶対にダメです。まず、サイズが良いとか紙質が丈夫だとか、ブランドの袋だから上品だとかの云々は一切関係なく、紙袋はあくまで紙袋。

見慣れたアイテムのような気がしますが実はNGアイテムです。

小ぶりのバッグはあきらめる。少し大きめで、しかもフーマルにも代用できるバッグにすることです。

気をつけたい!避けたほうがいいバッグ

最近ではあまり気にしなくなっていますが、殺生をイメージする毛皮や爬虫類はNGです。

ファーはお祝いの席ではNGです!

子どもっぽいキャラクターものや、縁起の悪いドクロプリントなどもNG。

布やビニールで出来た素材のバッグはフォーマルに向いていないで避けましょう。

布製などのバッグは、少々カジュアルな印象なので注意が必要。

さらに、お葬式を連想させる黒や、花嫁の色である白も避けるのが正解。

黒や白、あわせやすいので選びがちですが実は避けるのが正解だそう。白は花嫁の色!ゲストは身に着けないように注意しましょう。

会場へは大きすぎないバッグ一つにするのがスマート

会場にはハンドバッグ以外持ち込まない。コートや手荷物などをクロークに預け、化粧室で身だしなみをととのえます。

最後に

1 2