1. まとめトップ

意外すぎてビックリ!実は日本生まれの食べ物まとめ

最近流行っているナポリタンは実は日本生まれだったんですね。その他にも、意外すぎてビックリな日本で生まれたメニューをまとめています。

更新日: 2013年03月19日

10 お気に入り 168568 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asknsnさん

洋食

日本にパスタが入ってきたのは、他の洋食と同じく開港以後の幕末から明治にかけてのことだ。

ナポリタンは戦後まもなく、横浜にある1927(昭和2)年開業の「ホテルニューグランド」で誕生したと言われている。ホテルニューグランドは、ドリアやプリン・ア・ラ・モード発祥の地としても知られる洋食のメッカだ。
当時の総料理長・入江茂忠が、ケチャップの代わりに生のトマトとたまねぎ、にんにく、トマトペースト、オリーブオイルを使ったトマトソースを考案。ハムとマッシュルームを炒めてスパゲティに加え、先のトマトソースを和えて、パセリのみじん切りとパルメザンチーズをふりかけた一品を完成させたという。

考案したのは、サリー・ワイルというスイス出身のフランス料理のシェフだ。
1927(昭和2)年、関東大震災後の横浜にオープンしたホテルニューグランドで初代総料理長を務めナポリタンの回でもすでに登場している人物である。

 ドリアは、そのワイルが1930(昭和5)年頃につくった創作メニューだという。

洋食屋が各地にでき、その代表的なメニューの1つが「フライフィッシュ」、つまり魚のフライだった。
魚のフライが提供されるなかで、明治20年前後にはてんぷらにヒントを得たエビフライも誕生し、徐々に広まっていったという。

中華料理

現在最も有力とされているのが、仙台市青葉区錦町で今も営業している「龍亭」発祥説である。
そもそも中国では、冷たい麺料理は一般的でない。

中華料理人の陳建民が日本で中華料理店を営むため、四川料理の「乾焼蝦仁(カンサオシャーレン)」をもとにエビのチリソースを作りました。

乾焼蝦仁は豆板醤や中華スープ、酒などで作る純粋に辛いソースでエビを炒めますが、エビチリは日本人の口に合うよう、それに砂糖やトマトケチャップを加えたもの。彼の工夫によって、現在のようなエビチリが広く普及したそうです。

あんかけ焼きそば

ちなみにあんかけ炒飯は福建炒飯といってれっきとした中国の料理なんだそうです。

かつて小樽にあった「中華料理 梅月」が発祥という説があり、「あんかけ焼きそば」は昭和30年代に生まれたとのこと。

1910年年に浅草で創業した大衆的な中国料理店「来々軒」が発祥であるという説と、
大正時代に大阪城近くの馬場町に開業した大正軒の山東省出身の亭主が、戦後の食料不足の際に売り物がなく、天津の食習慣である「蓋飯」(皿盛りの飯におかずを乗せたもの)を発想のもととし、天津で多く捕れたワタリガニの蟹玉で作って、上からとろりとした餡をかけた「芙蓉蟹蓋飯」を作ったという説が有力。

中国天津市では、一般的に蟹玉を米飯にのせた類似料理は食べられていない。

韓国料理

日本の大阪府所在の韓国料理店において、1970年ごろに発案され供された創作料理である。 岩から切り出した専用容器を高温で加熱してから材料を入れて供するもので、熱々のまま食べられることと、おこげの香ばしさが喜ばれて人気となり「石焼ビビンバ」として広く知られるようになった。

その後、韓国にも逆輸入され、 「トルソッ(石釜)ビビンバ」(돌솥 비빔밥)と呼ばれるようになった。

焼肉の歴史に詳しい、山梨学院大学の宮塚利雄教授によると、戦後の食糧難の中、在日の韓国、朝鮮人がホルモンを焼いて食べ始めたというのが、焼肉の始まり。

当時の朝鮮半島では、内臓は煮込んで食べるのが普通で、直火で焼きながら食べるというスタイルはなかったんだとか。

スイーツ

一般的には不二家だという説が流布しているが、あくまで不二家は「ショートケーキを日本に広め、定着させた」のであり、発案者に関しては様々な説がある

もともとフランス・パリの老舗カフェ「アンジェリーナ」が原型のケーキを作っており、東京都自由が丘のケーキ店「モンブラン」初代店主・迫田千万億が1933年(昭和8年)にフランス・シャモニーを旅した際に知り、販売の許可を取ったとか。

おおもとはイタリア・ピエモンテ州の菓子という説もありますが、わが国で広く知られる黄色いマロンクリームが乗った「モンブラン」は、日本生まれの菓子のようです。

横浜山下公園前にある、ホテルニューグランド。
第二次世界大戦後、進駐軍に接収されたことから、米軍家族向けのメニューが考案されました。
スパゲッティナポリタンやプリン ア ラ モードはこちらのホテルが発祥とされています。
今でも当時のお味が楽しめますよ。

アメリカの中国料理店では
必ずといって良いほど出されるフォーチュンクッキー。
日本の北陸地方の辻占煎餅が元になり、第二次世界大戦時にカリフォルニアの日系アメリカ人が収容所送りになった間に中華街レストランがつくるフォーチュン・クッキーがオリジナルを追い越すまでになったと考えられている。

1 2