1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ギャスパー・ウリエル(Gaspard Ulliel 1984年11月25日 )フランスの俳優

パリ郊外のブローニュ=ビヤンクールで生まれる。両親共にファッション業界で働いていた[1]。パリ第8大学(サン・ドニ)で映画を専攻。
2001年に『ジェヴォーダンの獣』で映画デビュー。2003年公開の『かげろう』でエマニュエル・ベアールの相手役に抜擢され、フランス国内で注目を集める。2004年公開の『ロング・エンゲージメント』ではセザール賞有望若手男優賞を受賞。 2007年公開の『ハンニバル・ライジング』では、若き日のハンニバル・レクターを演じた。
2010年、シャネルの香水「BLEU DE CHANEL」のイメージモデルに採用される。 マーティン・スコセッシがコマーシャル・フィルムを監督。
ベルトラン・ボネロが監督するイヴ・サン=ローランの伝記映画の主演が決定している(2014年公開予定)[2]
『ハンニバル・ライジング』パンフレット記載のインタビューなどによると、左利き。同映画で筆記用具を左手で持つシーンなどが見受けられる。 左側頬のエクボのようなへこみは幼い頃ドーベルマンに噛まれた傷跡。
2005年から2007年まで女優のセシル・カッセルと交際していた。

1 2 3 4 5 6 7