1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

サオで応戦した勇気ある男性らに賞賛の声、東陽町駅前の通り魔事件で

東京都江東区の東西線東陽町駅前の交差点付近で起きた無差別殺傷の通り魔事件で、たまたま現場を通りかかった男性が近くの飲食チェーンの店先にあった幟(のぼり)で男に応戦し、これに他の複数の男性が加わり男を押さえ込んだ。刃物を振りかざす男にサオで挑んだ男性らに賞賛の声も。

更新日: 2013年03月21日

29 お気に入り 54514 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

unikuro78さん

◎ 事件は突然に・・・

◎ 男性の勇気ある行動と瞬時の判断が被害拡大を防ぐ

そんな凶暴な男に、たまたま現場を通りかかった男性が立ち向かい、たたきのめした。

ここで勇猛果敢に立ち向かったのが、男に追いかけられていた男性。近くの店頭にあった幟(のぼり)の柄で男を突いたり、頭部を叩いたりするなど応戦。ひるんだ男を切られた男性や駅員らが取り押さえた。

近くの飲食チェーンの店先にあった幟を手にし、男の腹を突くなどして反撃した。

サオで何度も体を突かれ、その場に倒れ込んだところを数人の男性によって一斉に押さえつけられた。

男性に取り押さえられたところを駆けつけた警察官に身柄を拘束された。男はパトカーに乗せられる際も、取り押さえた男性に向かって怒鳴り声を挙げていたという。

男は刃物を振りかざしながら「ふざけんじゃねぇ」などと叫び、抵抗していたが、何度も突かれると「やめてくれ」というと地面にへたり込んだという。

◎ 逮捕後も不可解な供述

男は「体内の超音波から『人を刺してみろ』という声が聞こえた」などと不可解な供述をしており、同課は動機の解明を進めている。

◎ 犯人は別の事件で服役後も近所でトラブル

逮捕された元暴力団組員の男は、人を刃物で刺す別の事件で服役し、去年、出所した後も、近所でトラブルを繰り返していたことがわかった。

◎ 事件の状況を目撃者は

目撃した江東区内の主婦(63)は、「危険を顧みず、刃物を持った相手に向かっていくなんてすごい。おかげで被害が広がらずに済んだ」と、胸をなで下ろしていた。

◎ この事件に関する反応と賞賛の声

この男性が取り押さえなかったらもっと被害は広がっていたかも。見て見ぬふりする人が多い中で、貴重な存在。私も昔、車上ドロを捕まえたことがありますが、とっさの時にはドキドキします⇒東陽町で包丁男 勇敢男性お手柄!ノボリで撃退 sponichi.co.jp/society/news/2…

春の園遊会 昨日の東陽町殺傷で、犯人を取り押さえた、勇敢な人達とか呼べばいいのに。

1 2