1. まとめトップ

世界の先進的な教育現場|色々突き抜けている学校まとめ5選

世界の最先端の教育現場では、日本の学校とは較べようもない突き抜けた様々な学校が注目を集めています。未来を担う人材を輩出するかもしれない最先端の学校をセレクトしてご紹介します!

更新日: 2014年12月23日

tetsu77sさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 45627 view
お気に入り追加

バリの山奥で生活しながら世界中の子どもたちが学ぶGreen School

バリ島にある実に画期的なインターナショナルスクール、それがGreen School。ミッションは、「サスティナブルな意識をもつ、次世代のリーダーを輩出すること」。

校舎を含めた全ての建物は、地元の木材が用いられ、全て手作りなんだそうです。

プリスクールからジュニアハイスクールまでが用意され、世界中から学生が集まり泊まり込みで学びます。全寮制の学校と言ってもイギリスのパブリックスクール(ハリー・ポッターのホグワーツ魔法学校のような全寮制の学校)などは、どちらかというと富裕層だけ、エリート層に限定した学校であるのに対して、green schoolは富裕層の子どもたちだけが学ぶのではなく、地元住民の子ども(つまり豊かではない子ども)も通えるシステムを導入しているところが非常に注目されるところです。

基本的にGreen Schoolでの生活は自給自足。それは、ミッションでもある「サスティナブルな意識」を根付かせるため—様々なところで用いられるようになった“サスティナブル”という言葉を流行語として知るのではなく、身体を通して知ることが重要だという考えが根底にあります。

たとえば、敷地内では農作物を作っている、現代的な機械に囲まれることもない、そんな環境を原風景として持っている人が、将来的にニューヨークやロンドンや東京という大都市で働く。彼らは当然、「お店で買う物が食物」 なんていう考え方は持ちません。自然環境を原風景にもち、両極端ともいえる価値観を身体に染み込ませ、かつグローバルに活躍できる人材の育成を目指しているのです。

遊んで遊んで遊んで、勉強を一切強制しない学校、サドベリー・バリー・スクール

《試験も、教科書も、授業もない学校で子供達は好きな事をして過ごす》

40年の歴史を誇る、昔の豪邸を改造した敷地1万坪の一軒家を校舎にした学校。この学校は一般的にイメージされる学校とはあまりに何もかもが異なります。

クラスはない。
担任の先生もいない。
試験も無ければ教科書もない。
従って授業もない。

4歳から18歳までの子供が思い思いのことをして、過ごす。この学校からどのような人材が生み出されるのでしょうか?

子どもたちを信頼する、という考え通り、一切の強制はなく、自ら学びたいタイミングで学びたいテーマを好きなスタイルで学習するのがサドベリー風。

教育哲学は、幼年期に子供に信頼と責任を与えることによって、自分が何をしたいのか、なぜそれをしたいのか、どうやってそれを成し遂げるのかを子供は学ぶことができる、というもの。この学校では子供たちは(やりたいことをやってよいと言われると当たり前だけど)、遊んで遊んで遊びまくります。そして夢中になる、フロー状態になることを覚えます。そして学びたい!もっと知りたい!という根源的な欲求がわき上がると、子どもたちは常人では考えられないような集中力を発揮し勉強に取り組むそうです。(中には数年分の学習内容を1日で理解しきることがあるとか)

まるでgoogleやpixarのオフィスのような「教室のない学校」VITTRA

学校から教室がなくなる日

スウェーデン国内に私立学校を展開するVITTRAがこのたび設立した学校には、これまでの学校では定番の黒板があり、生徒のための机が並び、壁で区切られたクラシカルな教室が一つもない。

チームを組んで、最新のIT機器を与えられ、課題を解くことで学ぶ。

チームでディスカッションをしたり、恊働しやすいように、ありとあらゆるスペースでお互いが集まりやすいような設計になっているそうです。

IT設備を完備し、子どもたちの創造性を引き出すファシリティを兼ね備えた学校を創立しています。この学校では教室という概念も授業という概念もなく、子どもたちはいくつかのテーマを与えられ、チームを組みながらプロジェクトを進めるProject Based Learningという手法で学習します。

設計は著名な建築家ロザン・ボッシュが率いるチームによって行われました。

入学試験無し ・学費無料 ・チャイム無し ・時間割自由 ・テスト・宿題無し。教育先進国オランダで普及するイエナプラン教育

入学試験無し ・学費無料 ・チャイム無し ・時間割自由 ・テスト・宿題無し。

それでも日本よりも学力が高く、子どもが幸福で、一人あたりの生産性が高い教育先進国オランダで普及しているイエナプラン教育。

日本の学校風景で当たり前のものがイエナプラン教育の学校では見当たりません。冒頭に記載したチャイムや時間割表は勿論、教室で先生が前にたって教える風景も、数値化された通知簿(成績表)もありません。

1 2





tetsu77sさん

このまとめに参加する