1. まとめトップ

麻雀で飯を食う! 雀荘のメンバーへの道

雀荘メンバーについて語られることは少ない。そう思って作ったまとめです。雀荘メンバーの方にぜひ読んでもらえればと思います。

更新日: 2020年01月28日

25 お気に入り 165325 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

麻雀屋さんの仕事って?

麻雀を仕事にすることに戸惑いを覚える人は多い。

そりゃそうだよね。最初は怖いと思います。

雀ゴロKさんのように、麻雀そのものを極めていく方もいらっしゃいます。

しかし、若いうち(出来れば学生時代)に雀荘メンバーとしてのノウハウを取得することは無駄ではない。

この経験は日本全国で通用する財産になります。

まず仕事にありつけないということがほぼない。

日本全国どの雀荘でも募集してますからね。
また経験者は優遇されるので尚更有利です。

ダブルワークも可能で、尚且つ正社員募集している企業も存在する。

社会保険完備、寮完備という雀荘も多数あります。

まずは麻雀の基礎力を高めることからはじめよう。

麻雀屋さんでお金を貰うということは、あなたは「プロ」になったということです。
お客さんより麻雀に対しての研鑽をつむことで、よりプロらしく振舞えます。

基礎力とは何か。

麻雀の基礎力は、点数計算と多面張が分かるかどうかで差が出ます。頻出の形は暗記して、とにかく形に強くなることが基礎力向上の近道です。

メンバー用語を覚えよう。

業界特有の言い方なので詰め込むしかないです。
もしかしたら地方によって多少、違いがあるかもしれません。
代表的なものを載せておきます。

セット……数人で卓をレンタルすること。

フリー……一人で行って、他人と麻雀する方式。
     二人連れで行くこともできるが、
     お店によっては同卓できないことも。 

ラスハン……これで最後の半荘という意味。
つまりお客さんはあと一回打ったら帰る。
      しかし亜種に「もしラス」という言葉があり、
ずるずると続けることも。

本走……メンバーとして、お客さんと麻雀を打つこと。

代走……お客さんが席を立たなくてはいけないときに、
その間のみ代わりにメンバーが入って打つこと。
立直代走という使われ方も。

卓掃……お客さんが使ったあとの卓の掃除のこと。

洗牌……牌を拭くこと。
洗牌(シーパイ)とは字が同じだが意味が違う。
    シーパイは牌を混ぜること。

アツシボ……あったかいおしぼり。ぬるいのはヌルシボ。
冷たいのはツメシボ。

ゲタ……牌を入れる入れ物のこと。割と大きめ。

玉両……お札を小銭に両替する。

マル……1卓につき4人のお客さんが入っていること。

ワンカケ……お客さんが一人減った状態。ツーカケは二人。

ワン入り……メンバー+お客さん3人。

アリアリ……コーヒーに砂糖とミルクを入れる。

ナシナシ……コーヒーのブラック。

ゲーム代……1ゲームに対しての料金。

アルティマ……自動配牌方式の自動卓のこと。
       近年導入する雀荘が関東を中心に増加。

メンバーとしてのキャリアアップを考える。

メンバーが何言ってんだ、と笑う人もいるかもしれません。
しかし、とても大切な問題です。考えずにだらだらと続けることも出来ますが、
それが本人にとってどんな結果をもたらすか。

メンバー業は一ヶ月もすればほぼマスターできると思います。
その後、スキルをどうすれば身に付けていけるのかを以下検討していきます。

メンバー業で身につくスキルとは?

①接客スキル
メンバーは接客の鬼でなければなりません。
勝負事の最中に、お客さんの飲み物、卓組の状況etc...
考えることは山ほどあります。
実は要求されているレベルが高い仕事なのです。

②コミュニケーション能力
お客さんに嫌われないメンバーを目指しましょう。
それが実は最大の課題でもあります。
お客さんに「あなたに会いに来たよ」といわれるメンバーこそ
メンバーの鑑です。
そういうメンバーさんのことをオーナーさんは大事にしてくださいね。

③店舗運営能力
お店にもよりますが、ドリンクやフードの手配・補充、
店内備品の管理、また他のメンバーのシフト管理など、
これらが出来るようになれば、多種多様な業界で役立つことでしょう。
また、将来独立して出店するなら、間違いなく必要な知識です。

④事務処理能力
店舗ですから、消防設備の点検があったり、
日々の売上処理、給与処理等の書類作成、管理など、
ありとあらゆる事務処理が毎日のようにあります。

メンバー業ってほんと大変ですよね。。。

そして、最後に
⑤麻雀力
現在、第一線で活躍している麻雀プロの方々も
メンバー出身だったり店舗の専属プロだったり
もちろん、兼業されてる方も数多くいらっしゃいます。
麻雀教室の運営をされてる方もおられますし、
いろいろな形で麻雀を活かした仕事を目指すことができるでしょう。

メンバー出身者が有利な転職とは?

そんなものあるのか、と笑われる人もいるでしょう。
しかし、上に挙げたようなスキルは他の業種でも必要とされています。
代表的な例をいくつか挙げてみました。

①飲食業店員
メンバーは接客のプロですから!
居酒屋さんなどは喜ばれますね。

②営業
自分で取りに行く営業のイメージがわきやすいと思います。
お客さんを怒らせずに勝つ、その感覚で商品を売り込んでいく。
出すぎず、周りをよく見て行動する。
意外とこれができない営業マンって多いんですよ。
メンバー業で培った「フォロースキル」も役に立つことが多いです。

③各種資格取得
お客さんがいない時は比較的自由。
そんな人もいるでしょう。
そこで資格勉強です!

おすすめは税理士!

すべての科目を一度に合格しなくてもいい、
科目ごとに受験できるので数年かけて取る人がほとんどです。

他にも色々あると思います。
ジョブチェンジも含め、ぜひキャリアアップを考えてみてくださいね。

1 2 3