サリンは無色・無臭で猛毒の神経ガスの一種。その毒性は青酸カリの約500倍。吸うだけでなく、皮膚に触れるだけでも死に至る可能性がある

出典広報けいしちょう あの事件は今

霞ヶ関駅では、駅員数名がサリンとは知らずに危険物を排除しようとして、駅助役と電車区助役の2名が死亡、231名が重症を負った。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「地下鉄サリン事件」ってどんな事件だったの?

1995年3月20日午前8時ごろ、東京都内を走る地下鉄車内に猛毒の「サリン」が撒かれた「地下鉄サリン事件」。オウム真理教に対する強制捜査が行われるきっかけとなり、また、現在でも被害者がPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいるこの事件、いったいどのようなものだったのでしょうか?

このまとめを見る