1. まとめトップ

体罰によって死亡者や自殺者を出している戸塚ヨットスクール関連情報まとめ

現在の体罰問題に少なからず影響を与えている戸塚ヨットスク-ルに関することをまとめて見ました。体罰を中心としたスパルタ教育などもこの学校で有名になった教育方法です。

更新日: 2017年07月30日

3 お気に入り 6718 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

JUNTAさん

戸塚ヨットスク-ルとは?

戸塚ヨットスクール(とつかヨットスクール)は、日本のヨットスクールである。愛知県知多郡美浜町に所在する。校名は創始者であり校長の戸塚宏の名字に由来するもので、地名(横浜市戸塚区、戸塚宿)との関連性はない。

1976年、戸塚宏により「オリンピックで通用するような一流のヨットマンを育てる」という理想の下で設立される。
戸塚ヨットスクールWIKIより引用

戸塚ヨットスク-ル事件やその後の問題について

戸塚ヨットスクール事件
1970年代末から1980年代にかけて、スパルタ式と呼ばれる独自の指導により、不登校や引きこもりや家庭内暴力などの数多くの非行少年を矯正させたという触れ込みで、戸塚ヨットスクールはマスメディアに登場し話題となる。当時は校内暴力が社会問題化していたため、問題行動を繰り返す青少年の矯正を行えると自称した同スクールが注目されたものであった。

しかし、訓練中に生徒が死亡したり行方不明になったりした、いわゆる「戸塚ヨットスクール事件」が明るみに出た結果、1983年に傷害致死の疑いで捜査が行われ、校長の戸塚以下関係者15名が逮捕、起訴された。長年に及ぶ裁判の末、戸塚およびコーチらは有罪判決を受けた。校長の戸塚は懲役6年の実刑で服役した後、2006年4月29日に出所し、スクールの現場に復帰した。
戸塚ヨットスクール事件 WIKIより引用

2006年10月 - スクールからいなくなった訓練生の25歳男性が、知多湾で水死体となって発見される。
警察は自殺と事故の両面で捜査を行っていると報道された。男性はうつ病で通院中であり、父親もスクールで共に寝起きしていたが、目を離した隙にいなくなり、スクールから3キロ離れた地点で水死体になって発見されている。同男性の遺体に目立った外傷はなかった(2006年11月7日現在、新聞報道による)。

2009年10月19日、戸塚ヨットスクールの寮内にて、訓練生の女性が寮の3階より飛び降りて死亡した。愛知県警半田署は自殺とみて捜査している。

2011年12月10日、戸塚ヨットスクールの寮内にて、訓練生の男性が寮の3階より飛び降りて重傷を負った。愛知県警半田署は自殺未遂とみて捜査している。

2012年1月9日、戸塚ヨットスクールの寮内にて、訓練生の男性が寮の3階より飛び降りて死亡した。愛知県警半田署は自殺とみて捜査している。

現在の戸塚ヨットスク-ルについて

戸塚ヨットスク-ル関連記事

戸塚宏や戸塚ヨットスクールを支援している著名人

戸塚宏が提唱する「脳幹論」を話に出したことがある著名人

戸塚ヨットスクールのまとめのまとめ

1 2