昭和50年代は産科で血液型を調べ、親に知らせるサービスが全国で行われていた

出典子供の血液型は? 「医学的に事前検査の必要ない」+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

新生児のかかとに小さな針を刺して微量の血液を採取し、先天性の病気の有無を調べる「先天性代謝異常検査」が全国で導入され、その際にサービスとして血液型を調べる、といった事が行われていました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「血液型を知らない」が当たり前の時代になっていく

占いなどにも広く用いられているABO式の血液型。成人は多くの人が自分の血液型を知っていますが、いまどきの子供達は血液型を知らない人が多いのです。

このまとめを見る